« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

4月20日 ちょー久々の印旛沼

今日は久しぶりに印旛沼釣行へ行って来ました。
田植え前なので、水路は満水状態でしたが濁りが入っている状態。
少しでも条件が良さそうなポイントを回ってみましたが、ノーバイト(笑)
おまけに今まで実績のあるエリアが進入出来ないようにロープが張られていたり、ヘラ台がポイントのど真ん中に設置されていたりと良い事無しでした(涙)

当然、今日もボウズでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月13日 復帰戦

3月末から悩まされていた腰痛も大分落ち着いたので、父親と亀山ダム釣行に行って来ました。
この日は、知り合いのTさんの会社の釣り大会が在り未熟者ですが参戦させてもらいました。
また、新婚の師匠もこの日はお休みで奥さんの了解を得て一緒に参戦しました。

最近の亀山ダムはビッグフィッシュが多数水揚げされているので、『もしかしたらデカイのがつれちゃうかな(笑)』
なんて事や大会に向けての戦略、久々の師匠との釣行という事を考えていたら中々寝付けず3時間しか眠れませんでした(笑)

若干睡眠不足ながら現地へ。現地へ到着するとTさんや会社の人たちがヤル気満々で準備をしていました。
そんな皆さんを見ていると私もテンションが上がってきてサクサク準備を整え、桟橋から出船しようとした際に事件発生!
ボート屋の目の前で、他のアングラーの方がいきなり50UPを水揚げΣ( ̄ロ ̄lll)
いきなりテンション下降気味です(笑)

気を取り直して出船。本日のルールは2本リミットで13時帰着。
一昨日は春らしい暖かい日だったのですが、前日は冷たい雨が一日中降っていて寒い一日だったのでバスの活性が下がっていそうで心配です。

とりあえず今日は中流域のワンド狙いと決めていたので、狙っていたワンドへ。撃ち始めていると別のアングラーが入ってきて思うように撃てません(涙)仕方が無いので別のワンドへ移動。しかし全く無反応(涙)
この日は別のボート屋の平日トーナメントが開催されていた為に平日とは思えない船の数。
ポイントでバッティングすることも数多く中々魚からの反応を得ることが出来ません。周りを見ても竿を曲げている人をあまり見なかったので、あまり釣れていないかと思っていたのですが…大会参戦の方々はポツポツ釣っているとの情報が。父親&師匠は私と同様NOフィッシュのようです。

途中師匠と合流し上流域の様子を見に移動。先日亀山レコードフィッシュが水揚げされたワンド付近は大混雑( ̄Д ̄;;入る余地など全くありませんでした(笑)そんな上流域でも反応が得られずボート屋付近まで戻ろうとすると突然船がスローダウン(゚ー゚;バッテリー切れです(笑)師匠の予備バッテリーを復活。

ボート屋付近へ戻ると既に12時。残り一時間、朝一攻め切れなかったワンドへ再びGo!ところがワンドへ向かっているとワンド内で鯉釣りをしているオジサン発見(涙)コレではワンドへ入れないので別の小さなワンドへ。
ゴミ溜まりやオーバーハングを撃つが反応無く残り15分ほどになった時に前方に見えバス4匹発見。
しかもデカイw(゚o゚)w確実に40UPの個体。息を殺し様子を覗っているとコチラの存在には気がついていない様子。
オーバーハングの中に潜り込んでしまったのですが、再び魚体を確認出来るまでキャストせずステイ。そして数分後再び出現。今度は3匹でしたがぐるっと回遊した後オーバーハング下にステイ。スモラバをキャストし枝に引っ掛けて表層でシェイク。するとそのうちの1匹が反応し興味深くスモラバを見つめていました。
本日最初にして最大の見せ場(笑)『お願いですから喰ってください!』そんな思いを込めながらシェイクしたのですが見切られてしまい・・・THE END(。>0<。)
バイトすら取れずに無念の帰着。父親も師匠もボウズでした。

優勝は1400グラムのバスを水揚げしたTさん、流石です!
大会終了後、リベンジで例のワンドへ行って見たのですが、やはり反応は得られず撃沈(涙)
初バスを水揚げは出来ませんでしたが、久しぶりの釣行を楽しむことが出来ました。
今年初バスは何時になるのでしょうか?(毎年同じこと言ってるような気がする(゚▽゚*))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

準備OK?

先日末に発症した『ぎっくり腰』ですが、まだ多少痛みはあるものの大分回復してまいりました。
久々に本日釣行に行こうと思ったのですが、13日の亀山釣行に備えて大事を取り自宅にて休養していました。
とりあえず、13日に向けてのタックルセッティングも完了し、あとは当日を待つばかりです。
13日はチョット天候が悪そう+約40日ぶりの釣行となるので不安で一杯ですが、久々の亀山釣行を楽しんできたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »