« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

11月18日 惨敗(涙)

18、19日と久々の連休。亀山ダムへ釣行しようと思っていたのですが、たまたま本日お休みのM氏と二人で『釣りパラダイス』へ釣行。

久しぶりの管釣りなので昨日、仕事帰りに『キャスティング』へ行きラインを購入し巻き替え万全の体勢で釣行に望む。
現地に到着、平日なので釣行者が僅かしか居ない。『これはチャンスじゃないの(笑)』スプーンをリグってキャスト開始。着水し巻き始めると直ぐにバイト!久々のトラウトの引きを楽しんでいたら…ジャンプ一発フックオフ(涙)
朝一からこんな状態で嫌な予感。この後は全くノーバイト。色々なルアーをローテーションさせるが反応無し。ここでナイスサイズを釣り上げた実績のある『へのじファイター』というクランクにチェンジしキャスト。流れ込み近辺にキャストすると『ゴン』と強烈なバイト。ロッドを立てて捌こうとした瞬間にラインブレイク(涙)ドラグの締めすぎが原因でした。クランクに反応が良いようなので、桧原湖ガイドの渡部さん作『スラッシュミノー』をリグってキャスト。追いかけては来るのですが中々バイトに至りません。噴水の脇をゆっくり泳がせていると、引っ手繰るようなバイト。今度は慎重にやり取りをしネットインしボウズは回避(笑)35cm位のニジマスでした。
この後、また沈黙タイムに突入(涙)M氏も大苦戦、周りの人達も釣れている気配は無い。
レンジを変えてみたり、スプーンのカラーをローテーションしたりポイントを移動したりと色々試してみたのですが状況は変わらず。スプーンから『ぐるぐるX』に変えて流れ込みにキャストしナチュラルドリフトさせると…またまた強烈なバイト!ドラグが鳴る程のいい引き。ロッドワークで魚を捌いていると突然ラインブレイク(涙)先程のラインブレイクの後、ラインチェックは行ったのですが。訳がわかりません。
再度、ラインチェックを行ないキャスト。アタリはほとんど無い状態は変わりません。こんな状態が暫く続き集中力が途切れそうになった時に30cm位のニジマスを久々にゲット!2008_1118_091727aa1
更なる大物を狙って流れ込みにキャスト。本日三度目の強烈なバイト。慎重にやり取りをし、ネットを用意した所で本日3度目のラインブレイク(涙)『なんで新品のラインなのにこんなに切れるんだー』流石に俺もキレました(笑)
時間一杯まで粘ったのですが、小物を数匹追加しただけで終了となってしまいました。M氏も同様の釣果で凹み気味(涙)おまけに気分転換で行ったバスポンドでお気に入りルアーの『HPFクランク』が殉職してしまい悔しさ倍増。今日も完敗、良いとこなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月3日 お久しぶりでございます(汗)

先月の10日以来、全く釣行に行っていませんでした。
何故かと言いますと・・・仕事がサービス業にも関わらず、土曜日休みが多く、休みの度に家族サービスでお出かけが続いていました。たまに平日休みが在っても、朝起きられずに釣行に出られない事が多々ありました。
『これでは今シーズンが終わってしまう(汗)』危機感を抱いた私は久々の出撃を決意。
今回は同僚のM氏と一緒に釣行。M氏は会社の業務命令により本日9時から『フォークリフト免許取得講習』なのですが、時間まで釣行したいとの事。ちなみにM氏は本日、出勤扱いです(笑)

5時半に集合し、薄暗い中ポイントに着くが既に先行者が(涙)やはり休日はアングラーの出足も早いようです。
M氏と少し距離を置いてキャストを開始。『スモラバ+ジャバスティック』で探るが、ギルバイトばかりでお目当てのバスからの反応は無し(涙)一方、出勤扱い(笑)のM氏は、開始早々にバイトが有ったのですが惜しくもラインブレイクしてしまいバラシ(涙)その後も粘ってみるが反応が無いのでポイントを移動。

バスを沢山ストックしている水路に入り撃ち始める。バス達はルアーに興味を示してくれるのだが、中々口を使おうとせず横からギルが飛び出てきて邪魔をしている(涙)M氏も見えバス相手に奮闘しているが、相手にして貰えない様子。時間も少なくなってきたのでM氏がバラシたポイントに戻ることに。

ポイントに戻ると、先程バラシたバスを発見。サイズ的には45cm以上は在りそうなナイスバス。M氏がそーっとバスの目の前にルアーをアプローチ。じーっとルアーを見ていたバスが口を開けルアーを咥えた。しかし、M氏がフッキングしようとした瞬間バスがルアーを吐き出してしまい、フッキング出来ず(涙)M氏痛恨の2バラシ!かなり残念そうでしたが、ここで時間切れ。二人ともボウズにて終了(涙)

家に帰宅後、講習中のM氏よりメールが入り『悔しくて集中出来ない』との事。
それでは明日も出勤前の一振り行きますか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »