« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

8月15日 お盆休み

お盆期間中なのに珍しく仕事が休み。お盆休みのアングラーによるポイント争いが激しくなる事が予想されたので4時ちょっと前にポイントへ。明るくなるまで待っていればいいのに我慢できず釣行開始(笑)
『ファットイカ』を撃って行くが無反応。ちょっと明るくなってきた所でインレットに向かってキャスト。すると『コツコツ』と小さなバイト。ラインスラックを取ってフッキング!ところが、すっぽ抜けてファットイカがライナーで私の顔面を直撃(笑)その後も粘ってみたのですが、反応無くポイントを移動。

最近アツいデカバスポイントへ行ってみると珍しく先行者が居ない。水面を見渡して行くと…ナイスバスを発見。すかさず戦闘体制に入るが、あっさりとバスにスルーされてしまう(涙)次なる獲物を求めて徘徊していると…メータークラスの雷魚を発見!外道でもいいから水揚げしたかったのでファットイカを雷魚の目の前に落とし、シェイクし雷魚の興味を誘おうと試みるが、雷魚もお盆休みらしく無反応(涙)

雷魚に見切りをつけてバスを求めてポイントを移動するが、ポイント各所にはアングラーが多数(涙)また別のポイントに行っても先行者が(涙)押さえのポイントに行くと先行者は居なかったが、水が悪くたまにギルバイトが在る位でバスからの反応は無し(涙)ラン&ガンを繰り返し10時近くまで粘ってみたのですが結局水揚げ出来ず無念の帰宅。今日は全く見せ場無しです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日 師匠と二人で

師匠と休みが一緒だったので、早朝限定印旛陸っぱり釣行へ出撃。
4時にポイントに到着。師匠にポイントのポイントをアドバイスし撃ってもらうが反応無し。私も探ってみるが反応無し。時間があまり無いのでポイントを移動。

二人とも巻物がやりたかったので、巻物エリアにて撃ち始める。師匠は漢の『ビッグバド』、私は印旛水系実績№1の『スタンブル』で探る。師匠と距離をおいて沈み物や地形の変化を撃って行くが反応は無し。葦際で水が激しく波打っているのを目撃。すかさずスタンブルをキャスト。巻き始めて暫くすると違和感を感じ重みが掛かってきた。フッキングし巻き上げ、魚体が見えた。中々のサイズ、45cmくらいはありそうなナイスプロポーション『師匠に一歩リードだね!』なんて余裕をかましていたら、まさかのフックオフ(涙)意味が解からなく、スタンブルを回収しフックを見てみると…『フックが伸ばされてるー(涙)』ショックがデカかったのでポイントを移動し気分を切り替える。

小場所を何箇所か撃ちながら例の巨大バス目撃ポイントへ移動。平日の早朝にも関わらず多数のアングラーが出撃していたので撃つかどうか躊躇したが折角なのでとりあえず撃っていく事に。
師匠は『ファットイカ』、私は『ヤミー』でキャスト開始。流れ込み近辺を撃っていた師匠にバイト!『先を越されたー』その瞬間師匠、まさかのバラシ(涙)サイズはあまり大きくなかったようですが、ちょっと悔しそう
私は全く反応が無く、次のポイントの事を考えていた時、諦めずにキャストを繰り返していた師匠にバイト。豪快なフッキングと共にバスをブッコ抜き!バスが空中を舞っている(笑)師匠30cmのバスを水揚げ。2008_0811_055313aa1
さすが師匠、やっぱり先を越されちゃいました(笑)

師匠が水揚げした事により、未だボウズの私はプレッシャーがかかり焦りを感じてきました(笑)
朝、入ったポイントやインレットを何箇所か撃ってみるが反応は得られず時間だけが過ぎていく。
魚影の濃い水路へ移動。実績のある『ヤミー』をリグってキャスト開始。足元、水路の角、と順番に探り、コンクリート枡の際にキャスト。すると、ブッシュから黒い影が現れてヤミーにアタック。ラインにテンションが掛かったので一気にフッキング。結構いいサイズ。しかし、足場が高くラインが4ポンドの為抜き揚げる事は出来ない。廻りを見てみると水面近くまで降りられそうな所があったのでラインテンションを保ちながらバスを誘導し最後はハンドランディング2008_0811_065651aa1
40cmのナイスサイズを水揚げし、ボウズを回避(笑)とりあえず面子を保つことが出来ました(笑)

その後は私も師匠もバイトはあったのですが、水揚げには至らず時間切れの為釣行終了となりました。師匠は久々の陸っぱりを満喫できたようでした。また、機会があったら一緒に出撃しデカバスを仕留めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日 課題  

最近、バラシが多いので師匠に相談してみた所、私の釣りを見ていて『フッキングが甘い』という事を指摘されました。確かに自分でもフッキングが上手では無いことは解かっていたのですが…。それと『タックルバランスが悪いのかも』とも言われたのでバラシの多いスピニングタックルは変更して出撃。これで問題解決となるのでしょうか?

まだ、薄暗い4時にポイントに到着しタックルを準備。『ファットイカ』をリグって流れの当たっているブッシュの中にキャスト2投目、着水と同時に『コンコン』バイト。ラインスラックを取り、一気にフッキング!ブッシュからぶち抜きハンドランディング。課題であったフッキングも見事に決まり、幸先よく43cmのバスを水揚げ、よし、いい感じ(笑)2008_0807_041707aa1

気分も良くなってきたので、前回巨大バスを目撃したポイントへ移動。巨大バスを発見する為に水面を観察してみるが、先日の夕立の影響で濁りが入っていてバスを発見出来ません(涙)ひとまず、『ヤミー』をリグって葦際や杭の廻りを探る。杭の際に落とした時にラインが走るストロークを大きく取ってフッキング。これもしっかり決まりバスの上顎を貫く2008_0807_052915aa125cm位の元気なバスを水揚げ。その後も同じくらいのサイズのバスを2本追加。タックルバランスも良いみたいでフッキングもバッチリ決まりました。
更なるサイズアップを目指したのですが、反応も無くなり日も高くなってきたので撤収。今日は納得のいく釣行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月4日 逃がしたサカナは…

昨晩はクソ暑くて寝苦しかったので、3時半に目が覚めてしまい、準備を整えて4時より出撃。
今日もインレットから撃って行こうとするが・・・平日にも関わらず先行者が(涙)ツイてないなぁ。仕方がないので別のポイントへ移動。『スタンブル』で張り出しや沈み物を探っていくが反応無し。葦際を流し、ルアーをピックアップしようとした瞬間、バスがルアーにアタック(驚)あまりにも瞬間的な出来事で載せられず本日1発めのバ・ラ・シ(涙)その後は完全に沈黙の為ポイントを移動。

先程のインレットが空いていたので『ヤミー』でブッシュの下や際をさぐる。流れ込みの脇にキャストするとラインが走ったのでフッキングすると、バスが猛ダッシュでブッシュに入ってしまい巻かれてしまう(涙)しばらくするとルアーだけがブッシュより出てきました(涙)本日2発目のバ・ラ・シ、下手過ぎです(涙)

先日、デカいバスをバラしたポイントに移動しキャストを繰り返すがやはり反応は無い。暫く水面を眺めていると黒い魚影が下流から上って来るじゃありませんか。『鯉かな?』しかし、良く見てみると・・・バスだ(汗)50cm以上在るんじゃないかと思われるモンスターバスが悠々と泳いで目の前をスルー!何度かアプローチしてみたのですが当然の事ながら無反応。そのうち、別のアングラーが撃っているポイントの方へ行ってしまったので残念ながら撤退(涙)

2バラシのままじゃ帰れないので、押さえのポイントへ。手堅く『ヤミー』をキャストするとラインが一気に走ったのでフッキング。あまり大きく無さそうだったのでブッコ抜くと・・・20cmくらいの巨大ギル(涙)残念すぎる(笑)直ぐにリリースし沈み物の際にキャストし暫く放置していると微かにラインが動いた。『またギルかな?』とりあえずアワセると、今度はバスでした(笑)サイズはやはり大きく無さそうだったのでリフトアップ2008_0804_063201aa1
とりあえず30cmのバスを水揚げしボウズを回避。

まだまだ、釣れそうだったがポイントを休ませる為にポイントを移動。ガソリンの価格が高騰しているにも関わらず中央排水路を西から東へ行ったり来たり(笑)何往復かして先程の水揚げポイントへ移動。

コンクリート片で囲まれている40cm四方の枡があったので、枡の中へヤミーをキャスト。すると物凄い勢いでラインが走り出す。本日最大級のバイト。一瞬フッキングが遅れたがフッキングしバスを取り込もうとするが、何故かバスが枡の中で掛けたはずなのに本流の水路から出現するというサプライズが発生?『何でだろう?』回り込まれた訳でもなく理解出来ない。ラインテンションは保たれているのだが、コンクリート片に擦れている感触が。『マズイ、どうしよう!』と考えているうちにラインブレイク(涙)本日3度目のバ・ラ・シ(涙)もう、悔しさを通りこしてアホになるしかありません(笑)後でその枡を検証してみると、下のほうにが開いていて、そこから本流に行き来が出来るようになっていました。バイトした瞬間に即座にフッキングしていれば、バスに主導権を渡さずキャッチすることが出来たのかもしれません。

その後も何度か入り直して見たのですが、反応は無くなり気温も高くなり頭が痛くなってきたのでこれにて終了。
今日もバラシ連発で後味の悪い釣行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »