« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

7月31日 無念(涙) 

今日はカミさんが仕事。夏休みの娘と二人でお留守番なので8時までには撤退しなければいけないのですが、いつも通り4時より出撃
これだけ暑い日が続いているので、本日もインレットを絨毯爆撃するプランで釣行開始。ファーストポイントにて『ファットイカ』にて探るが反応は無く、最近好調の『ヤミー』にて再びポイントを探る。すると、コンクリート護岸の切れ目付近でバイト!しかし、コンクリート護岸にラインが擦れてしまいラインブレイク(涙)まだまだ始まったばかりなので気を取り直してキャストするが反応は無くポイントを移動。
別のインレットでナイスサイズのバスをサイトするが、喰わせる事が出来ずまたまた移動。
移動したポイントで何気なく水面を見ていると45cmは在ろうバスをサイト。岸際を行ったり来たりしている。ちょっとしたブッシュに身を隠したのでアプローチをすることに。ブッシュに『ヤミー』を引っ掛けて一点シェイクをしようと考えたが、ラインが細いのでブレイクの心配があると判断し、流れを利用してブッシュの中へ送り込む作戦を実行することに。上流にキャストし上手く流れに載せてブッシュの手前に送り込む。すると、身を隠していたバスが『スーッ』
ヤミーに向かっていきヤミーの所で静止。『喰えー』と心の中で念じていると願いが通じたのか、バスが反転しラインが動いた『今だー』思い切ってフッキング動作をすると…お約束のようにヤミーだけがすっ飛んで来ました(涙)ガード付きの針を使っていたのですが、ガードが外れていなかったのでヤミーのテールだけを咥えていたのかも知れませんがこのバラシは痛すぎ(涙)立ち直れそうにありません(涙)
この後、なんとかバスを手にしようと走り回ったのですが、反応は無く時間となってしまったので残念ながら撤退。悔しくて眠れそうにありません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月22日 3連発!

今日も4時から出撃したのですが、お決まりの巡回コース沿いには農薬散布ヘリが待機中。

隙を付いてポイントに入るが、直ぐに農家のおじさんに声を掛けられてしまい釣りにならず(涙)

思い切って大移動してみるが、水が悪く魚っ気が無い。お約束のように無反応(涙)ボウズの危機が迫る(汗)
ちびっ子でも良いから魚に触りたかったのでサイズ不問の水路に入る。シェードと流れ込みが絡んでいて魚が付いて居そうな感じ。最近好調の『ヤミー』をシェードにブチ込むと『コンコン』と小さなバイト。ヒキが強くないのでサイズは期待薄(笑)一気にリフト!2008_0722_092454aa1
とりあえず25cmのちびっ子を水揚げし、ボウズ回避(笑)
サイズアップを狙い水路の際にキャスト。するとシェードからいいサイズのバスが『ヤミー』目掛けて飛び出してくるが、残念ながらバイトに至らず(涙)再びヤミーをキャストした所、会社の同僚からTELが!『もしもーし!』と仕事の話をしているとラインが一気に走り出した片手に携帯を持ちながら、片手でフッキング。同僚からの用件を聞きながら、ブッシュに潜り込もうとするバスを片手で捌き電話が終了するのを耐え忍ぶ(笑)約1分後電話が終了(非常に長く感じました(笑)バスを落ち着かせてランディングしようとするが…足場が高くて届かない(汗)仕方が無いので近くのコンクリート片が沈んでいるエリアまで誘導し水揚げ!2008_0722_093725aa22本目は37cmのナイスサイズ。その後は反応が無くなったので、別のインレットへ移動。
お約束のようにヤミーをキャストすると『コンコーン』とバイト!一気にラインを持っていかれるが、水揚げしたサイズは25cmのお子様バス。2008_0722_095247aa3
流れに乗った為、サイズの割りにはいい引きをして楽しませてくれました。
気がつけば10時、かなり暑く汗だくになったのでこれにて撤収となりました。
最近、『ヤミー』に頼りっぱなしで在庫が薄くなってきちゃいました明日の帰りにでも補充しないとな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月18日 伏兵再び

先日の亀山釣行はいい感じだったので、好調を維持したかったのですが…4時出撃のはずが寝坊をしてしまい、5時に起床(涙)急いで準備をし、出撃するが既にポイントには先行者が。仕方が無いので別のポイントで撃ち始めたのですが、暫くすると早朝にも関わらず2サイクルエンジンの甲高い爆音と共にラジコンヘリが登場。しかも、これから撃とうと思っていたポイント近辺に農薬を散布(涙)『今日も終わった(涙)』
泣く泣くかなり離れたポイントに移動し、沈み杭があるポイントにて『ファットイカ』をキャスト。するとラインが走ったので一気にフッキング、ところがファットイカだけが吹っ飛んで来ました(涙)フックポイントまで喰っていなかったようです(涙)
悔しかったのでポイント周辺を観察していると…ナイスサイズのバスを発見。葦のエグレに身を潜めているので『スモラバ+ジャバスティック』で仕留めようとタイミングを計っていると、農家のおじさんが登場し『これから農薬散布するから移動してもらえますか?』ナイスバスを目の前にしながら泣く泣く撤退を余儀なくされる。『ホントに終わった(涙)』
精神的ダメージ(笑)をかなり受けながらも別のポイントへ。かなり魚影が濃いポイントなので、ここは確実に手堅く『ヤミー』をキャスト。ナチュラルドリフトさせていると、流れとは逆方向にラインが走ったのでスゥイープにフッキング。引きがあまり強くなかったので一気に寄せてハンドランディング2008_0718_063657aa1なんとか30cmのバスをキャッチしボウズを回避
ここのポイントでまだ釣れそうな気がしたので、少し時間を置いてから再び『ヤミー』をキャスト。先程と同様ナチュラルドリフトをさせていると、ラインが一気に走り出した。アワセを入れると先程の魚とは比べ物にはならない強烈な引き、全く止まる気配は無い。カバーに潜り込まれそうになったので、少々強引に魚を捌こうとした瞬間痛恨のラインブレイク、やってしまいました(涙)やっぱり今日は厄日だったみたいです(涙)この後は完全に沈黙。不完全燃焼のまま撤退しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月14日 大ハード(笑) いきなり終章

まずまずのサイズを水揚げし、ボウズを回避した事により気が楽になりサイズアップを狙いカバーの奥にガンガン『ファットイカ』をぶち込むが反応は無い。M氏にもアタリは無い。
『トキタボート』前のワンドに入った時M氏がカバーの奥で魚を掛けるが惜しくもラインブレイク(涙)その後もカバーの奥を果敢に攻めるが全く反応が無かったので、水通しの良い島廻りに移動すると…いいサイズのバスを発見。ここはM氏に譲り、撃ってもらう。ルアーに興味を示し近寄ってくるが、残念ながら口を使ってくれず逃げて行ってしまいました(涙)日も高くなり、集中力も途切れてきたので一旦ボート屋に戻り暫し休憩。
一時間程、休憩を取ってから気合を入れ直し再び出撃。ボート屋付近のシャローフラットの絡んだカバーを撃っていると直ぐそばに師匠とI氏が休憩中。お互いの釣果を話しながら『ヤミー』をカバーの奥に突っ込んだ瞬間にバイト!しかもラインは3ポンドだったので慎重にやり取りをし、最後はハンドランディング。師匠、I氏に良い所を見せ付ける事が出来ました(笑)
サイズを計測しようとボート上で準備をしている時、バックシートのM氏に久々のバイト。カバーに巻かれそうになるが、上手くやり取りをし最後はハンドランディングし、バスをキャッチ。私の釣り人生に於いて初のダブル水揚げ(喜)記念に師匠に撮影してもらっちゃいました2008_0714_132104aa2
私が40cm、M氏が30cmのバスをキャッチ。二人ともいい気分(笑)
これで、私のスイッチが入り次々にバスを水揚げ。しかし、サイズは最大でも30cm位と伸び悩み。

気がつけばもう、16時過ぎ。疲れもピークに達してきたのでM氏と相談しボート屋廻りを撃って上がる事に。
ボート屋裏のワンドを二人で丁寧に探るがギルバイトばかりでバスからの反応は無い(涙)水深30cmくらいのカバーにヤミーをぶち込むと…バイト!しかも本日一番の引き。かなりパワフルな引きでカバーに潜られそうになる。主導権を握られそうになるが、カバーから引き離し落ち着いてチャンスを窺う。バスの引きが弱くなってきた所でボートまで引き寄せてバスをキャッチ。2008_0714_154023aa3
本日最大サイズの42cmの水揚げに成功。リミットメイク達成です(喜)
この後も更なるサイズを狙ってキャストを繰り返したのですが反応は無かったので納竿となりました。ただ一人釣果の無かったI氏も終了ギリギリでナイスバスを水揚げし全員ボウズを回避する事に成功。

睡眠不足+猛暑でどうなる事かと思われた本日の釣行でしたが、まあまあのサイズを揃える事が出来たので良い釣行だったと思います。でも仲間と和気あいあいと楽しく一日釣りを楽しめた事が一番の釣果だったと思います。帰りの車中は爆睡で気がついたら家の近辺に居ました(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月14日 大ハード(笑) 序章

が会社の釣りバカの師匠とM氏、I氏、仙人と私の5人が同じ休みという事で、みんなで亀山ダムへ行こうと言う話が持ち上がる。仙人は予定があるとの事で仙人を除く4人作戦を決行(笑)
当日、6時『のむらボート』に集合という約束だったのですが…師匠以外の3人は前日、飲み会に参加(笑)私とM氏は1時まで飲んでいて(ドライバーのM氏は飲まず、私だけ飲んでいました(汗))会合終了後、それぞれの自宅まで道具を取りに帰ってから亀山ダムへ直行。

現地へ到着したのは4時くらい。師匠とI氏は先に到着していて既に仮眠状態。私とM氏も直ぐに仮眠を取るが・・・5時に師匠に強制的に起こされてしまい、かなり体調不良(笑)果たして今日一日、無事釣行する事が出来るのでしょうか?
とりあえず寝ぼけながら受付を済ませ、出艇の準備を進める。睡眠不足の為、準備に非常に時間が掛かってしまい6時より出艇。おまけに操船しながら居眠り運転をしてしまい、かなり挙動が怪しい。

そんな体調不良な体にムチを撃ってとりあえずボート屋周りから撃ち始める。『スタンブル』でシャローフラットを探るが反応は全く無い。気温も高くカバーの奥にバスは居るのではとの仮説を立て、先週師匠が釣行に来たときに好調だった『ファットイカ』でカバーの奥を探る。
開始10分程した所で、バックシートのM氏にファーストバイト『先を越された(汗)』と思っていたら痛恨のバラシ(涙)M氏、息消沈です。

気を取り直して二人ともキャストを続ける。シャローフラットが絡んだストレッチを流している時、私がブッシュの奥にファットイカをキャストすると上手い具合にスキッピングして最奥まで入る。すると、即バイト。渾身の力を込めてフッキング。一気にカバーからブチ抜こうとするが、ブッシュに引っ掛かってしまいバスが中吊り状態『このままではバレる』と思いボートをカバーへ突っ込みバスをハンドランディングでキャッチ。2008_0714_064343aa1
幸先良く中々いいサイズをキャッチ。計測すると37cm。

『さすがに師匠もまだ釣っていないだろう』と思い、師匠に釣果を自慢しようと画像付きでメールを送信。
しかし数分後、もっといいサイズを釣り上げた師匠の画像付きメールが送られて来ました(涙)

次回へ続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日 まだまだ未熟です(汗)

試験が無事終了し、肩の荷が下りたので4時より心置きなく釣行へ(笑)
今日もお約束の巡回コースから釣行開始。ファーストポイントにて『ファットイカ』でカバーを探る。カバーの窪みの中に放り込んだ瞬間、幸先良くバイト。ファットイカを使っている時にフッキングが甘くバラシが多いので、しっかり送り込んでから渾身の力をこめてフッキング。一気にカバーから引きずり出し、速攻でブッコ抜きし水揚げ完了
2008_0710_042311aa1
開始10分足らずで35cmのバスをゲット。
その後は反応が無くなり移動することに。移動したポイントでは『HPFクランク』にて広範囲に探る事に。インレット絡みの杭が沈んでいるポイントなので、杭に当てながら止めてを繰り返していると、止めた瞬間にバイト。フッキングした瞬間ラインが出て行ってしまう。『マズイ、ドラグが締まってねー(涙)』案の定、再度フッキングしようとする前にジャンプされてしまいフックオフ(涙)単純なミスで貴重な一匹をバラシてしまいました。気を取り直して探るが反応が無いので再度移動。
今日は二本ともインレット絡みだったので、インレット狙いで撃ち始める。何箇所目かの非常に濃いカバーが絡んでいるインレットにてウエッピング気味ファットイカをキャスト。水面上でシェイクさせながら『あんな所で掛けて水揚げ出来るのか?』なんて考えていると『ガボッ』と水面を割ってバスがバイト。しかし、フッキングが甘かったのか本日二度目のバラシ(涙)未熟すぎです。
この後は反応は無く、他のポイントも完全に沈黙の為10時位に撤収しました。
前回、今回とフッキングミスによるバラシが多発。自分の腕の未熟さを改めて痛感させられました(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月5日 三度目の正直

来週、試験があるので今日は朝から勉強をする予定だったのですが、釣りに行きたい衝動は抑えられず条件付きで釣行することに。条件とは『釣行限界時間は朝8時まで、一匹水揚げしたら撤収(笑)』今日は土曜日で熾烈なポイント取りが予想されたので、まだ暗い4時にポイントへ。一番乗りかと思われたが、既に先行者が(汗)『あの人は何時から来ているんだ!』仕方が無いので離れたポイントを撃つことに。
『ファットイカ』をリグってキャスト開始。オーバーハングの切れ目にキャストした二投目、グーンとロッドに重みが掛かる。幸先良くバイト、すかさずフッキング『ウォーリアー』がバットから曲げられる。久々の大物の予感、慎重にやり取りしながらどう取り込もうか考える。『でもこの魚を水揚げしたら今日の釣行は開始10分足らずで早くも終了か』なんて思いながら水揚げを急ぎブッコ抜こうとした瞬間、痛恨のバラシ(涙)暫く放心状態、立ち直れません(涙)
ストレッチをファットイカで探るが反応は全く無し。少しポイントを休ませ『スタンブル』にて撃ち始める。ゆっくりリトリーブしてきてルアーを回収しようとした瞬間『ガボッ』という豪快な捕食音と共にバスがスタンブルに食いついてきたが、あまりにも突然の出来事でアワセも入れられずバラシ(涙)
折角のチャンスを2度も逃してしまい今日も敗色濃厚(笑)しかし、魚の活性は良さそうなので再度ポイントを休ませてチャレンジすることに。
『ヤミー』をリグって先程のオーバーハング近辺を撃ち始める。数投目にラインが不規則な動きをしたのでフッキング。すると魚が猛ダッシュ。今度は『スカイマスター』がバットから曲げられる。『もしかしたら、さっきの魚?』
ブッシュに潜られそうにながら慎重にやり取り。そういえば、今巻いてあるライン3ポンドだった(汗)今度は時間を掛けて慎重に水揚げのタイミングを計る。少し魚の抵抗が無くなった所で寄せてきてハンドランディング!2008_0705_050934aa1
やっぱりデカかったこのバス。今シーズン最大サイズの48cm。残念ながら50cmには届きませんでしたが納得のサイズ
これにて撤収の筈でしたが、まだ5時だったので延長戦に突入(笑)何箇所か廻ったのですが、多くのアングラーが出撃していたので中々ポイントに入れません。いつもは大混雑している超メジャーポイントに駄目もとで行ってみたら…誰も居ませんでした(笑)すかさずリグって撃ち始める。流れ込みの脇の杭の横にヤミーを落とすとラインが走り出したのでフッキングし、27㎝のバスを水揚げ。2008_0705_055727aa2
日も高くなり暑くなってきたので6時に撤収。帰宅後は試験勉強が待っています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月1日 絶不調(涙)

最近、魚に触っていません(涙)
気合を入れて、4時に出撃したのですが、お目当てのポイントには先行者が(涙)
別のポイントを目指し、ポイント手前の交差点で車が来たので道を譲ると、その車が目指していたポイントに入っちゃいました(笑)仕方なくまたまた移動。先行者は居なかったが、魚っ気が全く無い。何箇所か廻るが完全に沈黙。
小規模な水路で様子を窺っていると、40アッパーのナイスバスを発見。葦と同化(笑)しバスの動きを観察。バスはブッシュに入り静止しているのでちょっと離れた草に『スモラバ+ジャバスティック』を引っ掛けて、シェイク。始めは興味を示して近づいてくるのですが、中々口を使わず終いには見切られてしまい…終了(涙)

時間をおいて何回か入り直してみたのですがやっぱりダメでした。
年に比べ明らかに水揚げ量が少ない今シーズン、何時になったらこの状況が打破出来るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »