« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 2

とりあえず釣れているのでサイズアップを目指しイカリ潟内のポイントを巡回。フィッシングプレッシャーは高いのですが、渡部さんが超人的な眼で他のアングラーが見逃しているであろう多数のバスをサイト。ホント、渡部さんの眼力は凄いです(驚)そこへ私や師匠がサンダルンデスアダー6インチをキャストするが、バラシ多発(汗)かなりナイスなバスも掛けてはいるのですが、水揚げ出来ず(涙)おまけに私はラインブレイクが多発二人とも凹みまくりです(笑)
そんな嫌な流れを断ち切る瞬間が突然訪れました。渡部さんがブッシュの根元に潜んでいるラージを発見。すかさず私がサンダルンをスタンバイしキャスト。バスが潜んでいるブッシュの上の枝にサンダルンを引っ掛けて水面でシェイク。バスはスーッと近づき興味を示している。シェイクをしつこくしていると、バスが捕食体勢に入る。渡部さんが『喰いますよ!』って言った瞬間、豪快な捕食音と共にサンダルンが丸呑みされた。すかさずフッキング。ラインは枝に引っ掛かっているので巻き上げ不可能。ボートをバスの方へ近づけてもらいバスをキャッチ。かなり、コンディションの良い40cm弱のラージマウスを水揚げ2008_0528_114411aa1これで波に乗り、立て続けにラージマウスを水揚げ。師匠はデカバスと死闘を繰り広げていて、キャストしたデスアダー6インチに反応はしていたのですがバラシてしまい更に凹みまくり。日帰り釣行のはずが、『デカバス釣るまで帰らないから先に電車で帰ってて』なんて言われてしまいちょっと危機感を抱いている私がいました(笑)時計を見るとすでに12時半(驚)だったので、一旦桟橋まで戻って休憩を取ることに。その前に午前中の釣果を記念撮影2008_0528_125601aa1
まずまずの釣果に私は満足していたのですが、師匠はちょっとご機嫌斜め(汗)
しかし、この休憩の後、師匠の底力が発揮され驚愕の結末を迎えることに…次回へ続く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 1    

5月27日、仕事終了後師匠と共に桧原湖目指して出発。途中トラブルも無く現地に2時過ぎに到着。翌日は5時より『K-ROガイドサービス』での釣行の為、少し仮眠をとる。
4時半頃に起床、いつも桧原湖釣行時は天候に恵まれず雨ばかりなのですが、今回はいつもと違って今日は良い天気(笑)気合が入ります。釣行の準備をしているとガイドの渡部さん登場。挨拶をし、道具を渡部さんの愛艇のレンジャーに積み込んで桟橋より離岸し釣行開始。
本湖ではまだ魚が入っていないとの事で、イカリ潟へ。渡部さんオリジナルルアーの『スラッシュミノー』をリグってキャストし探ってみるが時折チェイスがあるもののバイトには至らず(涙)昨年ガイドしていただいた時に爆釣だった『サンダルン』にチェンジしキャストするが相変わらず無反応。その時、バックシートで釣りをしていた師匠にバイト
師匠幸先よく、レギュラーサイズのスモールをゲット、さすが師匠です。イカリ潟の中に進んで行くと、平日にも関わらず多数のアングラーが。フィッシングプレッシャーも高いようです。とあるポイントに入った時、渡部さんがサンダルンをカバーにキャストすると…ナイスラージがバイト。カバーに突っ込みハンドランディング、45cmくらいのナイスサイズ、俺もあんな魚を釣りたい(笑)そんな私にも待望のバイトが。カバーにキャストしたサンダルンにスモールがヒット、ドラグが緩んでいてアワセた瞬間ラインが『ジーッ』と出てしまった(笑)。久々のスモールの引きを楽しんだ後、ハンドランディングし水揚げ完了20cm位のスモールをゲットし渡部さんと記念撮影2008_0528_065322aa1再びイカリ潟の中へ釣り進んで行きサンダルンをキャスト。バイトが多発するが、未熟者の為中々載せられません(笑)岸際でボイルしている所を発見しサンダルンをキャスト。すると、バイト!先程よりもいい引き、サイズアップは確実。しかし、ここでラインブレイク(涙)釣行前にラインを買い忘れてしまい、管釣りの時に使っていた2.5ポンドのラインを使用。無謀でした(涙)気を取り直してキャストを繰り返して行くと、20cmくらいのスモールは何本か取れたのですが、サイズアップが中々出来ません。そんな私を横目に、師匠は実力の違いを発揮。サンダルンで30cm位のグッドスモールを水揚げ2008_0528_080320aa1
序盤は中々の立ち上がり、良い感じです。この調子でサイズアップをしていきたい所なのですが・・・次回へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月25日 今年も行きます!

次の休みに師匠と二人で桧原湖に行ってきます。
今回も『K-ROガイドサービス』のお世話になる予定です。
結構ナイスサイズのバス達が水揚げされているようなので、自己記録を更新するようなデカバスを水揚げ出来るよう頑張ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月23日 With 仙人

仙人と休みが一緒だったので、二人で印旛水系陸っぱりツアーを開催(笑)私はいつも中央排水路中心に釣行しているのですが、今回は仙人お得意の鹿島川へ。仙人一押しのポイントを何箇所か廻って見た物のお互い反応は無し(涙)時期がちょっと早かったみたいです。しかし、これから熱くなりそうなポイントばかりだったので、今後の巡回ルートを検討し直さなくては(笑)
鹿島川が不発だったので、仙人の提案によりポイントを大きく移動し利根川を目指す事に。移動の車中では仙人の釣りバカ武勇伝の数々を聞いて腹を抱えて笑いまくり(笑)
気が付けば利根川に到着するが、数日前の大雨の影響で濁りが酷い。とりあえず近くの釣具店『プロショップK’s』に立ち寄りルアーを物色&情報収集。
店員曰く、『黒部川が良いらしい!』という話を聞いて一路黒部川へ。黒部川の仙人お勧めポイントに到着し釣行開始。私と仙人お互いに別々に釣り歩いて行く。私は相変わらず無反応で集中力が切れて来た時仙人から『釣れたよ!』と連絡が。クランクで○○cmのバスを水揚げ。さすが仙人です。仙人に続けとばかり気合を入れ直して再びキャスト開始。石と杭が絡んでいるポイントへ水際からでは無く川の上の道路からロングキャスト。沈み杭の脇に落として直ぐに本日初のバイト。すかさずフッキングし杭に巻かれないように一気に巻き上げる。『さっきの仙人より間違いなく良いサイズだ』と色気がでた瞬間バスが大きくジャンプし残念フックオフ(涙)貴重な一匹をバラしちゃいました。この後は再び完全に沈黙(涙)そしてタイムアップ肝心な所でメンタル面の弱さを露呈してしまった今回の釣行でしたが、仙人と釣行した事により収穫も多かった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日 お土産

最近、休みの度に釣行には行っているのですが完全試合ばかりで特筆すべきことも無かったので更新をサボっていました(笑)
今日、職場の釣り仲間のLie氏が一週間のアメリカ研修から帰国し、その足で職場にやって来ました。手には怪しげな袋を持参して(笑)袋の中身はアメリカ直輸入のルアー達が!職場の釣り仲間達のお土産としてアメリカンクランクを買ってきてくれました。うーん、素晴らしい、予想外の出来事に大感激。良い後輩だ(笑)
何色かある中から自分の大好きなこのカラーを迷わずチョイス(笑)2008_0521_220332aa実は、この前に師匠がルアーを選択していたそうなのですが、その際に私が選ぶであろうカラーを『絶対ブルーバックチャートを選ぶ』と予想していたらしいです(笑)だって私の中では印旛水系で実績のあるカラーですからね(って言うかそのカラーのルアーしか投げていないですからね)次回の釣行では持参してアメリカンサイズのバスを水揚げしたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月8日 久々の笹川湖 Part2

タックルボックスの整理も完了し、再び戦線に復帰するがまたまた沈黙の時間が訪れる。師匠も反応が無く時間だけが過ぎてゆく。『このままでは、撃沈してしまう』なんて考えながらブッシュに向かって『ヤミー』をキャストしフォールさせているとラインが走った。しっかりアワセを入れてボート際まで寄せてきて最後はハンドランディング。先程よりもサイズダウン(涙)の30cmのバスを水揚げ。2008_0508_084223aa3師匠の巧みな撮影テクニックで大きく撮ってもらいました(笑)
このあと、三度沈黙TIME(涙)立木エリアに入り、私が一本掛けるがフッキングが甘くお約束の痛恨のバ・ラ・シ(笑)私も師匠も黙々とキャストを繰り返すが、何のパターンも掴めず時間だけが過ぎ集中力も途切れてしまった。
昨日の大きな地震のせいで、ほとんど寝ていなかった私は急に睡魔に襲われ、お昼寝開始(笑)師匠も一緒にお昼寝を開始。二人とも爆睡してしまい、気が付けば1時間以上も寝ていました。時計を見ると14時30分、残り3時間あまり、気合を入れ直してキャストを開始。未だ釣果の上がらない師匠を見て『今日は師匠に勝てるかも』なんて思っていたら師匠のロッドにアタリが。師匠、イマカツ風ハンドランディング35cmの笹川産バスをキャッチ2008_0508_151428aa4
師匠に負けじと私のロッドにもアタリが。2008_0508_152004aa5
再び師匠を引き離しにかかるが、師匠のスイッチが入り次々にバスをキャッチ。私のロッドは対照的に無反応
最終的には師匠が4本、私が3本という釣果にて時間切れ。流石、師匠です。師匠を負かすにはまだまだ修行が足りないなと感じました。でも、今回の釣行で師匠の釣りを見て勉強になった部分もかなりあったので今後の釣行に生かせるように修行に励んで、いつかは師匠を越えたいと思った今回の釣行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月8日 久々の笹川湖 Part1

今日は師匠と二人で笹川湖へ釣行に。今回は一艇のボートに二人で乗り込んでの釣りの為、エレキを二機掛けにし、ハイスピード仕様でポイントを廻ることに。6時位に現地に到着し準備を整えて出船。上流域を目指すか、下流域を目指すか協議の結果とりあえず下流域を目指すことに。ところが、下流域の方は人が多く、美味しそうなポイントには既に人が入っているので空いているポイントを撃って行くが無反応バスをサイトするが、喰わせるテクニックが無いので釣れません(笑)ここでプランを変更し、上流域を目指す事に。
釣りながら上流を目指すが、師匠も私も相変わらず反応が無いので冬場に買って一回も使用していない『ガルプアライブスプレー』をキャストしていたワームにスプレーしブッシュに向かってキャスト。すると数秒後、ラインがスーッと動いたのでスイープにアワセを入れフッキング。ブッシュから引き離し引きを充分に楽しんでからハンドランディング。久しぶりの笹川産バスを水揚げ2008_0508_072103aa1
バスのサイズを計測しようと二段になっているタックルボックスの下段に入っているメジャーを取り出そうとした瞬間、上段の蓋のロックが掛かっていなかった為、中に入っていたルアーがボート内に散乱(涙)2008_0508_072409aa2_3
とりあえずサイズを計測すると35cm。師匠よりも先に水揚げ出来たのは嬉しかったのですが、ルアーが散乱してしまったので複雑な心境(笑)この後タックルボックスの整理に20分も費やす事になってしまいました(涙)次回へ続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日 那須、再び!

サービス業に従事しているにも拘らず、前回に続き稼ぎ時の祝日に私も休み(笑)上司に怒られちゃいそうですが、『そんなの関係ねー』とばかりに早朝より『那須ハイランドパーク』へ。今回は姪っ子家族と一緒にお出かけ。
朝4時集合だったので、さすがに今回は『お出かけ前の一振り』は無し(笑)
GW渋滞に巻き込まれながら目的地へ到着。GWの為に人は多いが、うんざりする程の数ではありませんでしたのでみんなでアトラクションを満喫。園内でニジマス釣りが出来る『渓流体験ゾーン』の近くを通った時、姪っ子のお父さんが『子供達は遊園地を楽しんでいる間、お父さん達は釣りでも行ってきますか!』素敵な提案をしてくれました(笑)しかし、ウチの娘はそんなお父さん達を許してはくれず、急遽全員で釣りをする事になっちゃいました。
とりあえず竿を3本借りて、餌を用意しキャスト開始。娘と姪っ子、姪っ子のお父さんの3人が釣り始める。私はビデオカメラ担当の為、釣りバカ魂を抑えて決定的瞬間をキャッチする為撮影に集中(涙)3人ともアタリはあるようだが載せられない。『早く釣りがしてー』なんて思っていたその時、うちのサイトマスター(笑)の竿が弧を描いている。娘は必死にやり取りをし一気にブッコ抜き(笑)20cm位の美味しそうなニジマスをゲット。今日もファーストフィッシュはウチの娘でした。この後姪っ子のお父さんもコツを掴んだようで連続でキャッチ。姪っ子もお父さんの指導を受けてナイスなニジマスを釣り上げて大喜び。我慢の限界に達した私は娘から竿を奪い取りキャストを開始(笑)一投目でいきなりバイトがあったがバラシ(汗)釣りバカの面目丸潰れ(笑)気を取り直して再びキャスト。フォーリング中にラインが動いたので電撃アワセ(笑)しっかりニジマスの上顎を貫き、いなしながら引きを楽しむ。ここのルールではリリースはNGなのですが従業員の目を盗んで水中で素早くリリース(笑)だって釣った魚は一匹400円だったから(笑)この後、姪っ子のお母さんもニジマスをキャッチし人数分のニジマス6匹を確保。塩焼きにしてもらう前に娘と姪っ子二人で記念撮影2008_0503_151915aa1
撮影終了後、塩焼きにしてもらい、みんなで美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »