« 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 1     | トップページ | 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 3 »

5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 2

とりあえず釣れているのでサイズアップを目指しイカリ潟内のポイントを巡回。フィッシングプレッシャーは高いのですが、渡部さんが超人的な眼で他のアングラーが見逃しているであろう多数のバスをサイト。ホント、渡部さんの眼力は凄いです(驚)そこへ私や師匠がサンダルンデスアダー6インチをキャストするが、バラシ多発(汗)かなりナイスなバスも掛けてはいるのですが、水揚げ出来ず(涙)おまけに私はラインブレイクが多発二人とも凹みまくりです(笑)
そんな嫌な流れを断ち切る瞬間が突然訪れました。渡部さんがブッシュの根元に潜んでいるラージを発見。すかさず私がサンダルンをスタンバイしキャスト。バスが潜んでいるブッシュの上の枝にサンダルンを引っ掛けて水面でシェイク。バスはスーッと近づき興味を示している。シェイクをしつこくしていると、バスが捕食体勢に入る。渡部さんが『喰いますよ!』って言った瞬間、豪快な捕食音と共にサンダルンが丸呑みされた。すかさずフッキング。ラインは枝に引っ掛かっているので巻き上げ不可能。ボートをバスの方へ近づけてもらいバスをキャッチ。かなり、コンディションの良い40cm弱のラージマウスを水揚げ2008_0528_114411aa1これで波に乗り、立て続けにラージマウスを水揚げ。師匠はデカバスと死闘を繰り広げていて、キャストしたデスアダー6インチに反応はしていたのですがバラシてしまい更に凹みまくり。日帰り釣行のはずが、『デカバス釣るまで帰らないから先に電車で帰ってて』なんて言われてしまいちょっと危機感を抱いている私がいました(笑)時計を見るとすでに12時半(驚)だったので、一旦桟橋まで戻って休憩を取ることに。その前に午前中の釣果を記念撮影2008_0528_125601aa1
まずまずの釣果に私は満足していたのですが、師匠はちょっとご機嫌斜め(汗)
しかし、この休憩の後、師匠の底力が発揮され驚愕の結末を迎えることに…次回へ続く(笑)

|

« 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 1     | トップページ | 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91066/41375214

この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 2:

« 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 1     | トップページ | 5月28日 エキサイティング桧原湖 Part 3 »