« 1月9日 氷上新年会 Part2 | トップページ | 2月15日 冬眠中 »

1月28日 腕の差    

今日は、師匠と二人で『ジョイバレー』へ。今年に入って初のルアーフィッシングです。
6時半に集合し、現地に7時半に到着。平日という事もあり、アングラーの数は少ないがメインポンドの有望なポイントはしっかり押さえられていたので、とりあえずセカンドポンドへ行ってスプーンをリグってキャストを開始。キャストを繰り返していると、何故か飛距離が伸びない上に巻き心地が重たい。『何でだろう?』と思いロッドを見てみると・・・ガイドが凍っている(涙)ガイドの氷を取り除いてキャストするが、数投するとまたもガイドが凍っている(涙)ガイドを凍らなくする術も無いので凍ったら取り除くという作業を繰り返しながらキャストを繰り返すが完全に沈黙(涙)
表層、中層、ボトムと順番に探っていくとボトム付近で反応があったが、寒さで体が硬直していてアワセが一瞬遅れてしまい、載せきれない。
開始から40分ほどたった所で、引っ手繰るようなバイトが。これはしっかりアワセ、バラさずネットイン。とりあえずレギュラーサイズを水揚げしボウズを回避。これで調子が上がってくればいいのですが、この後またも完全に沈黙。前回のジョイバレー釣行とは違って渋い・・・タフコンディションみたいです。
師匠メインポンドに移動、私はセカンドポンドで粘る事に。後からセカンドポンドにやって来た人は連続ヒットしているのに私は相変わらず釣れません(涙)粘っているとヒットはするのですが、単発ばかりで釣果が伸びません。
あまりにも気温、釣果とも寒いのでちょっと休憩。冷え切った体を温め、気合を入れ直して再び釣行開始。メインポンドでちょっと釣りをし、2匹程水揚げ後にまたまたセカンドポンドに移動。
キャストを繰り返していると、ロッドが『グイーン』と絞り込まれる。ラインがあまり動かないので『根掛かりかな?』と思ったがリールを巻き上げてくるとラインが走り始め、ドラグが鳴いている。今日一番の引き、大物の予感。ラインブレイクしないように慎重にやり取り。その様子を見ていた師匠がランディングネットを持って駆けつけて来てくれました。徐々に寄せてきて水面に現れてきたのは・・・でした(笑)しかもスレ掛かり(涙2008_0128_111510aa
今日の見せ場(?)はこれだけでした(涙)この後は、レギュラーサイズが単発で数匹釣れただけでした。
師匠は、まあまあ納得できる釣果を残し、満足そうでした。廻りを見てみると、上手い人は確実に釣果を伸ばしているようでしたが、私のようなヘッポコアングラーは苦戦しているようでした。まだまだ修行が足りないようなので、寒さに負けずフィールドに足を運んで腕を磨きたいと思った本日の釣行でした。

|

« 1月9日 氷上新年会 Part2 | トップページ | 2月15日 冬眠中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91066/17877478

この記事へのトラックバック一覧です: 1月28日 腕の差    :

« 1月9日 氷上新年会 Part2 | トップページ | 2月15日 冬眠中 »