« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

8月28日 サイトマスター誕生(笑)

28日、6時に起床。昨日の晴天とは打って変わって外は雨(涙)寝ている娘を起こし、雨が降っている事を伝えると『ちょっとしか降ってないから釣りする』なんて言っていました。さすが私の娘(笑)
準備を整えて小雨の降る中目的地の『那須フィッシュランド』目指して出発。
15分後、現地へ到着し申し込みをして釣りを開始。
事前の調査でルアーフィッシングもできるとの事だったのでエリアフィッシング用の準備もしていたが、とりあえずニジマスの餌釣りにチャレンジ。竿と餌を持って指定された池へ。池と言っても3メートル×10メートル位の池で、既に先行者が入っている。先行者とは逆サイドにて釣り始めるがニジマス達は全くいない(涙)先行者の所にはかなり溜まっている模様。私、娘、カミさんと代わる代わるキャストを繰り返すが無反応(涙)そんな私達を見ていた先行者の方が『こちら、どうぞ』と言ってポイントを空けてくれたので、お言葉に甘えてそのポイントで釣りをさせていただく事に。ポイントに移動していきなり娘にバイトが。竿を立ててニジマスをキャッチ2007_0828_114001aa
父親よりも先に魚を釣り上げた事が凄く嬉しかったらしく大ハシャギ(笑)逆に娘に先を越されてしまった私は本気モードに突入(笑)何時ものバスフィッシングとは勝手が違い戸惑っていたが、やっとバイトがありアワセを入れ、すぐに上げず引きを楽しんでいたらまさかのバラシ(涙)釣りバカ親父の面目、丸潰れです(笑)その後、コツを掴み連続ヒットで三匹水揚げした所で娘に交代。私はカメラマンとなり、娘の釣りをしている様子を撮影開始。するとすぐに二連続ヒット。その時『コツが解った』なんて事を言っていたので『冗談だろ』半信半疑で見ていると、またもニジマスをゲット(驚)廻りは誰も釣れてないのに、ウチの娘だけ爆釣モードに突入。撮影を中断し娘の釣りの様子をジーッと観察。そして驚愕の事実が判明浮きにアタリが出る前に竿を立ててアワセているじゃありませんか!何で、教えてもいないのに釣りが初めての五歳の子にこんな事が出来るんだ。これってセンスなんでしょうか?この後も連続ヒットで大漁に水揚げ。娘に『何でそんなに釣れるの?』って聞いてみた所『針に付けたイクラをニジマスさんが食べた時に竿を上げると釣れるよ』って言っていました。水中の餌とニジマスの動きをサイトしながら釣りをしていたようです(驚)餌釣りを堪能した娘は『リールを使って釣りがしたい』というリクエストを出してきました(笑)
次回へ続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月27日 熱い眼差し

8月27、28日 の二日間、年に一回の家族旅行に那須高原へ行って来ました。
今回の旅行日程は初日は那須ハイランドパークへ。二日目はニジマス釣りに行って釣れたニジマスの塩焼きを食べようというプランでした。娘は今回初めての釣りを楽しみにしているようでした。実はこの計画にはがあり、今回釣りの楽しさを味わってもらい今後の家族旅行で桧原湖に行ってバスフィッシングを楽しむというきっかけをつくるというミッションが隠されていたのでした(笑)
那須ハイランドパークには10時ころ到着。カミサンがチケットを購入している間娘と二人で辺りを散策。
チケット売場のすぐ近くに小さな池があり、中を覗いてみると40cmアッパーのニジマス達が悠々と泳いでいるじゃありませんか。私がギラギラした熱い視線を送っていると私の娘が私の背後から更に熱い視線を送っている(笑)2007_0827_102224aa
池の中のニジマスを見ながら『早く、釣りがしたい』なんて言い始める始末。近くに餌の販売機が置いてあったので、餌を買って餌付けを開始。するとニジマス達が、物凄い勢いで餌を食い始めた。『ここでスプーンなんか引いたら入れ食いだな(笑)』なんて事を考えながら10分程、娘と二人でニジマスと戯れちゃいました(笑)
その後、園内のアトラクションの数々を堪能し喉の乾きを潤そうと売店で飲み物を購入し橋の上のベンチで休んでいると、橋の下でニジマス釣りをしている子供たちの歓声が聞こえて来ました。ウチの娘は吸い寄せられるようにニジマス釣りのエリアに侵入し、釣りをしようと竿を持ち出そうとしていたので『明日、もっと釣れる所に連れて行ってあげるから』となだめて納得させたがイマイチ納得出来ていない表情(笑)暫く見学してからその場を後にして宿へ戻りました。ここまで、釣りに対して興味を示すとは予想外、嬉しい誤算でした(笑)明日の釣りに備えてこの日は早めに就寝しました。
次回へ続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月23日 お出かけ前の一振り

今日は、家族サービスで7時よりお出かけの予定。今日のミッションは6時までにバスを水揚げし帰宅しなければならない(笑)『それなら行くなよ!』って言われちゃいそうですが昨日のM氏の釣果を聞いたら釣りバカとしては黙っては居られません(笑)
朝4時 起床し準備を整え4時10分に発進。時間が限られているので有望な場所だけを廻る作戦て゛釣行開始。5分後、最初のポイントへ到着。ところが、三日前と比べて大幅に減水(涙)とりあえず『スタンブル』にて探るが反応が無く『カバークロー』にチェンジし、カバーの奥にぶち込むがやはり無反応。早々に見切りをつけて次のポイントへ移動。本流と水路が絡むポイントなのだが、やはり減水していていつもバスが付いているストラクチャーがまる見え状態。とりあえず水路をカバークローで探るが反応を得られなかったので本流をスタンブルで探っていると他のアングラーが水路に入って瞬殺でバスを水揚げしているじゃありませんか(驚)近付いて話しかけてみると印旛水系で驚異的な水揚げを記録し、ブログをいつも拝見させて頂いている印旛ネットメンバーのkimuさんでした。ヒットルアーはスタンブルでした。同じルアーでも上手い人が使うとバスは食ってくるんだなぁーと自分の腕の未熟さを痛感(笑)少しの時間でしたが、kimuさんと釣り談議で盛り上がり(といっても私が一方的に質問攻め(笑)、スイマセンでした(汗))お互い、ポイントを移動。
先日、苦労して水揚げしたポイントへ移動するがやはり減水していて完全に沈黙(涙)
釣行限界時間まであと30分となり、ボウズの危機が迫る(笑)減水している中央排水路を切り捨てて、西部調整池まで大移動を決意。釣行車に乗り込みポイントを目指す。
10分後ポイントへ到着。先行者は居なかったのでキャスト開始。カバークローで沈み物や葦、矢板を撃つが無反応。スタンブルにチェンジし探るがやはり反応は無い。
時計を見ると5時58分。マズイ、ボウズにリーチが掛かった所で葦際で水が動いたのを発見。『バイズクロー』のテキサスに持ち替え、そこへキャスト。着水後ワンアクションした所でバイト。一気にフルパワーでフッキングすると28cmのバスが吹っ飛んできました(汗)2007082301
残り2分でボウズを回避しミッション完遂(笑)撮影を完了しとりあえず桧原湖にいる師匠たちにメールをし、速攻で帰宅6時10分に自宅へ到着しお出かけの準備をし、予定通り7時に『サンリオピューロランド』へ向けて出発しました(笑)
ピューロランド帰宅後、早速kimuさんのブログを見てみるとクランクが炸裂したようでなんと10本も水揚げをしたそうです。凄すぎる・・・!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月22日 すげー

今日は出勤前に一振り行こうというミッションが出されていましたが、起きられずミッション失敗(涙)通常通りに起床し出勤し仕事を始めるが、桧原湖に行っている師匠たちの動向が気になり仕事が手につかない(笑)状況が知りたくなったのでM氏にTELし釣果を聞いてみるとサイズは上がらないが釣れている模様
その後暫く連絡が無かったが夕方18時頃、M氏よりメールが。そのメールを見て絶句・・・47cmのウルトラビッグスモールを釣ったとの報告が。20070822
即、TELをし、M氏から状況説明をしてもらう。ヒットルアーはこの間『キャスティング』にて私がなんとなく勧めた『ARスピナー』と聞き更に驚き!仕事終了後、直ぐにキャスティングへ行ってARスピナーをゲットしたことは言うまでもありません(笑)M氏の釣果に触発され明日は、家族サービスでお出かけですがお出かけ前の2時間短期決戦での釣行を決行しようと心に決めた今日この頃です(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月21日 いいなぁー

今晩から仙人、師匠、M氏の三人は一泊二日で桧原湖遠征に出発です。
私はといいますと、明日は仕事で明後日は家族サービスで釣りとは無縁の『サンリオピューロランド』へお出かけの予定です(笑)
どうしても、桧原湖に行きたかったのでカミサンの了解を得て、9月7日にM氏と二人で遠征に行くことが急遽決定しました(笑)今回も『K-ROガイドサービス』のお世話になる予定です。これから予約のメールを入れてから寝ようと思います(笑)

PS、明日は久しぶりに仕事前の一振り(朝練)に行こうと思っています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月20日 降りられるのかよ(笑)

前回の休み(8/15)は珍しく釣行に行かなかったので10日ぶりの釣行。いつも通り3時30分に発進(笑)ポイントに到着し暗闇の中でキャストを開始。30分位周辺を探ってみるが反応が無いので場所を移動。
移動したポイントでキャストし始めると、突然激しい腹痛に襲われた。とりあえず、おいしいポイントだけを撃って一時退却(笑)帰宅し、薬を飲んで再発進。その時に、なんとなく家においてあったロッド『ウォリアー』が気になり持って行くことに。
先程のポイントに行ってみるが、すでに別のアングラーが入っていたので水の動きがありそうな近くの水路へ移動。車を降りて、水路を覗いてみると40cmオーバーのナイスバスを発見。戦闘モードに切り替え(笑)虫系ルアー『サンダルン』を投入するが無反応。子バスが興味を示しているが、そいつらも喰わず(涙)子バスと戯れているうちに、ナイスバスは姿を消してしまいガッカリ(涙)周辺を捜索するが反応は無いので何時もは行かない上流の方へ移動。すると、小さな流れ込みを発見2007082001
『スモラバ+ジャバスティック』を流れ込みにキャスト。すると先程のナイスバスが何処からとも無く現れてバックリ喰った!すかさずアワセるが、ここで大問題が発生。水面から私のキャストした位置は2メーター位の高さがあり、太いラインならリフトしてしまうのだが、今使用しているラインは4ポンドのライトライン。以前、同様の場面で強引にリフトさせようとした所ラインブレイクしてしまった事があったのでリフトは却下。身を乗り出して取り込む方法を考えたが、高さがありすぎて届かない。となると、水路に降りるしかない(汗)バスをバラさないようにしながら降下ポイントを探す。人一人乗れるくらいの枯れ草の塊を発見。上から見る限りでは水没の危険性は無さそうだったのでバスをそこまで誘導。ラインテンションを掛けたまま水路に掛かる橋脚(?)に摑まり降下を開始(笑)無事、降下しバスをキャッチしようとするが手前にある草がジャマをして、わずか5センチ届かない(涙)身を乗り出すと水路に落ちそうであったが一か八か身を乗り出してバスの身柄を拘束。そこで写真を撮ってすぐにリリースすればいいのにサイズが測りたかった為、バスとロッドを持って水路から苦労して這い上がり(笑)サイズを計測。43cmのバスの水揚げに成功20070820012
また、腹痛が襲ってきたが先程よりは酷くなかったので釣行を継続(笑)別の水路へ行ってみるが、先程のポイントに比べると水質は悪い。一時帰宅した際に持ってきたウォリアーに『バイズクロー』のテキサスをリグってキャストを開始。倒れている葦が一瞬動いたのですかさずキャスト。コンコン、とアタッたのでフッキングし葦から引きずり出す。かなりいい引きで大物の予感(嬉)葦に潜られそうになるが時間を掛けて慎重にやり取りし、最後はハンドランディング。サイズアップの44センチのバスを水揚げ2007082002
この後は反応が無く、日も高くなり暑くなって来たので7時30分に帰宅。家に帰り腕が痛いのでよく見てみると水路に降下した際に出来たと見られる傷が数箇所発見されました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月10日 暑い

あまりにも寝苦しく、3時に目が覚めてしまい直ぐに用意をして発進(笑)外はまだ暗かったが、いつもの巡回ポイントへ到着し、先日の亀山遠征でのヒットルアーのファットイカをリグってキャスト開始。あまりにも暗いのでポイントをイメージしながらのキャストをするが無反応の為、ポイントを移動。流れ込みのある魚影の濃いエリアなのだが本日は完全に沈黙。4時になり辺りが段々明るくなってきた頃、5分間隔位でバサーの車が何台もやってきた。やっぱり土曜日はハイプレッシャーだな、と思いながらキャストしていると小さなアタリが。とりあえずアワセてみるがフッキングせず(涙)ルアーをローテーションさせるが反応が無い為またもポイントを移動。しかし、どこのポイントにも先行者が居て中々撃つことが出来ない(涙)移動を繰り返すが段々日が高くなり気温も上がり釣り所では無くなってきたので7時には撤収しました。もちろん釣果のほうはボウズでした(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日 亀山湖遠征 Part4

桟橋まで戻りボート屋にて休憩。ボート屋の中はガンガンにクーラーが効いていてとても快適(笑)中に入った途端釣りに行きたく無くなってしまいそうになるが、水分補給をし、一息ついてから再発進
ボート屋でクールダウンしたにも関わらず、仙人は暴走モードが継続中(笑)『出会い系サイトフィッシングだ(笑)』とか言いながらまたもキーパーサイズのバスをゲット61餌のようなファットイカにバイト寸前の仙人を激写(笑)笑いすぎて段々腹が痛くなってしまいました。
そんな仙人に負けていられないと私も気合を入れてカバーの奥へぶち込んだ所私にもバイトが。水中に見えてきた魚影は中々いいサイズ。バラサないように時間をかけて寄せてきて最後は必殺のブッコ抜き。本日、最大となる39cmのナイスバスを水揚げ141もちろんヒットルアーは仙人スペシャルチューンのファットイカです。
更にボートを流しながら撃っていくと仙人が更に暴走完全に制御不能に陥ってしまいまた新しい釣法『ペコりんキャスト』を開発(笑)『ペコリーン』とか言いながら鬼のようなキャストでカバー再奥にファットイカを送り込んでいく。
そんな仙人にまたもバイトが。しかし、ドラグが緩んでいたらしくバラシ。再度同じ所にキャストした所、またもバイト。今度はしっかりフッキングしバスをキャッチし記念撮影。71ペコちゃんを意識したこの表情は今日数ある画像の中で一番逝っちゃってます、無修正画像を載せたい所ですが本人の希望により画像処理を施したものでカンベンして下さい(笑)その数分後に私にもバイトがあり、アワセた所ロッドで仙人を引っ叩いてしまいアワセ切れず、再度アワセるがバラシてしまった(汗)『ヤバイ、仙人スパルタモードに突入か』と私はビクビク怯えていたが仙人は相変わらず暴走モード継続状態で一安心(笑)私達の船は笑い声が絶えませんでした。
ここで師匠達の船と合流。釣果を聞いてみると、師匠がスモラバで38cmのキーパーを釣ったが後はノンキーの嵐との事。父親もキーパーは捕れていない様子。仙人が今日のヒットルアーとパターンを教えて4人皆でファットイカをリグってキャストを開始。さすが、仙人はまたもやバスをキャッチ81仙人もお疲れの様子で今回は普通っぽくポーズを決めてました(笑)私も立ち木にファットイカをフォールさせていた所ラインが走ったのでへっぴり腰でアワセて最後はハンドランディング1521
本日最小の25cmのバスを水揚げ(笑)
ボート返却時間の17時が迫っていたのでボート屋を目指しつつ、最後に島周りを撃ってから帰着することになるが仙人はおもむろに靴を脱ぎ始め、靴下も脱ぎ座りながら両足を水面に浸けてキャストを開始。トムソーヤ風のスタイル(笑)だがキャストは鬼キャスト(笑)『冷えたスイカが食べたーい』なんていいながらキャストしてるとまたもバイト。スムーズなやり取りでバスをキャッチ91トムソーヤ少年を思い起こさせるようなスタイルでの撮影をし、桟橋へ帰着。
お互いの船の釣果報告をし、本日の釣行は終了となりました。結果は仙人、私の船の勝利(喜)これも全て仙人のお陰です。確実にいいバスがいるポイントを見つけ、パターンを掴み、笑いを取りながらも正確なキャストでバスを水揚げ(笑)所々でアドバイスを頂きとても楽しく為になった一日でした。次回は印旛沼本湖での対戦となるので更なる修行を積んで今日のような楽しい釣りが展開できるように頑張りたいです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月6日 亀山湖遠征 Part3

仙人と同じ場所にキャストしながら釣れなかった事で自分の腕の未熟さに意気消沈。そんな時に仙人からちょっとしたアドバイスを頂き、おまけに仙人スペシャルチューンのファットイカを頂き気を取り直してキャストを開始。島周り対岸の流れ込みを撃ち始めるとまたも仙人にバイトが。本日3匹目となるバスをゲットするが僅かにキーパーサイズに届かず31画像は、キーパーサイズに届かない事をアピールする仙人(笑)仙人はパターンを掴み仙人の一人舞台となっていた。その時私にも待望のバイトが。しっかりフッキングしカバーから引きずり出す。慎重にやり取りし、最後はハンドランディング。キーパーには届かなかったが31cmのバスを水揚げ(喜)111キーパーサイズでは無かったのでパクリですが仙人風に撮ってもらいました(笑)
気がつけば釣行開始から3時間程経過。師匠艇に探りの電話を入れてみると釣れてはいるようだがキーパーサイズが釣れない様子。こちらも釣れている事は伝えるがサイズまでは教えませんでした(笑)気温がグングン上がり、溶けそうになりながらキャストをしていると仙人が暑さのために暴走モードに突入(笑)帽子を斜め45度に被り脚をがに股に開き腰を曲げながらキャストを開始。仙人曰く、このキャストスタイルを『ナナヨン釣法』と言うそうです(笑)こんなふざけたスタイルでもキャストの精度は全く落ちず、オーバーハングの奥にファットイカをぶち込んでいる(驚)すると、『喰った!』ガッツリアワセてオーバーハングがら引きずり出しバスをキャッチ。41ナナヨンスタイルでの釣果に仙人も上機嫌って言うか壊れてます(笑)顔見せ出来ないのが残念、このポーズが私のツボを捉えてしまいシャッターが切れないというハプニングが発生してしまいました(笑)
その後またバイトが遠のいてしまい、ポイントを移動することに。(仙人はずっとナナヨンスタイルで釣り続けていました(笑))立ち木群を撃つが反応が無いので押切沢を上って行く事に。下流部にて私がブッシュの奥にファットイカをキャストしフォールさせていると久しぶりのバイト。ブッシュからぶち抜こうとするが、枝に絡まりバスが出てこない。仙人が船ごとブッシュに突っ込むように言ったので並木スタイルっぽく(笑)船をブッシュに突っ込みバスをキャッチ。本日最大となる38cmのバスを水揚げ。同時に35cm以上3本のリミットを達成121更なるサイズアップを目指し、上流へ向けて船を進ませる。途中、仙人がまたもバスをキャッチ。51今回は日本代表の試合前の君が代斉唱を思い起こさせるようなポーズで撮影(笑)最上流部まで到達するが反応が無かったので下って行くと下流部で師匠と父親を発見。私がゴミ溜まりにキャストしゴミの中に落とした時にまたまたバイト。師匠たちに分かるように大騒ぎでやり取りし最後はブッコ抜き。本日、3匹目となる35cmのバスを師匠たちの前で水揚げ(笑)131
雄叫びを上げての撮影となりました(笑)
時計を見ると13時、物凄く暑い上に疲れも出てきたのでボート屋に戻って休憩することになりました。
次回へ続く(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日 亀山湖遠征 Part2

桟橋にて師匠と仙人と合流。仙人が私のボートへ乗り込み、父親が師匠のボートへ乗り込み6時45分ごろ出船。本日のルールは仙人&私の船対師匠&父親の船でのガチンコ勝負。キーパーは35cm以上、3匹合計の長さで勝負仙人から只ならぬオーラを感じ緊張しまくり(笑)仙人の戦略でボート屋前の島周りから攻めて行く事になりキャストを開始。オーバーハングの奥で魚がボイルしているようなので、私は最近実績のある『カバークロー』、仙人は『ファットイカ仙人スペシャルチューン』でオーバーハングの奥を狙ってキャスト。仙人は水面とオーバーハングの隙間が僅か数センチしかない所へ神業のようなスキッピングで最奥までぶち込んでいる。しかも機械のように正確なキャストの連続で唖然としてしまいました。この凄さは見た人にしか分からない。文章では伝え切れません。開始から数分で仙人にバイト。確実にフッキングしカバーから引きずり出し最後はブッコ抜き流れるような動作で思わず見とれてしまいました。1
ファーストフィッシュは36cmのキーパーサイズのナイスバスでした。仙人は顔見せがNGなので画像に一部処理をし掲載させていただきます(笑)ファーストフィッシュをゲット後暫くアタリが無くなるが同じストレッチを流していく。私が冠水している倒木にカバークローをキャストした所、待望のファーストバイトしかし、痛恨のバラシ(涙)気を取り直しキャストを続ける。とあるポイントで私が最奥までマグレでカバークローをぶち込んだ無反応(涙)その後に全く同じ所を仙人がキャストした所バイト!『なんで、同じ所にキャストしたのに・・・(涙)』仙人はスムーズに魚とやり取りをし最後はやっぱりブッコ抜き。またもキーパーをゲット。サイズも1cmアップ(笑)の37cm。流石です(汗)21だんだん私の緊張もほぐれて来たのですが何時、仙人が噂の熱血スパルタモードに入るのか(笑)不安を抱えながらポイントを移動する事になりました。次回へ続く(笑)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月6日 亀山湖遠征 Part1

亀山釣行前、師匠から『仙人は釣りになると人格が変わってチョー怖いよ、気をつけて』なんていうアドバイス(笑)を頂きちょっとビビリモードに突入(笑)師匠、仙人とは朝5時に『松下ボート』にて待ち合わせとなっていました。師匠からのアドバイスが脳裏をかすめる。絶対遅刻は出来ない(笑)逆算すると3時30分には家を出れば間に合う計算。父親には3時30分に出ることを伝えタックルの準備をし、寝たのが0時30分。2時間位しか眠れない(涙)
3時に起床し車に道具を積み始めるが父親が来ない(父親とは同じマンションの同じ階に別々に住んでいます(笑))3時30分になりようやく父親が出現。『仙人との初釣行に遅れちゃうじゃないか(怒)』そんな自分の思いとは裏腹にのんびり道具を積み始める。シビレを切らした私は強引に道具を押し込み予定時刻の10分遅れの3時40分に出発。5時に間に合うように猛スピードで亀山ダムを目指す。
4時30分、亀山ダムまであと僅かの所まで来たのでコンビニで小休止。すると仙人よりTELが。『いま起きちゃいました』えーっ(驚)おまけに前日から泊まっていた師匠も寝坊してしまったらしいです。まあ、仙人&師匠よりも早く現地に到着出来るので良しとしましょう(笑)
5時、待ち合わせ場所の松下ボートに到着し荷物を降ろし出船準備が完了したのが5時30分。
仙人達が到着するまで父親と二人で近場を流す事になり出船。過去に実績のあるボート屋前の島周りを撃ち始める。気分的に仙人達が到着する前に一匹釣りたかったので『スモラバ』を手にしていたが昨日、父親から貰った『フナベイトハニー』が気になりキャストを開始。いい感じの泳ぎで釣れそうな予感。オーバーハングに投げ込み引いて来るとバスがチェイスして来た。『喰えーっ』そんな願いも虚しく反転し水中へ消えて行ってしまいました(涙)ひたすら投げまくるが無反応。父親も『バズジェット』やライトリグをやってみるも無反応。そんな時仙人からTELが入り到着し出船準備が整ったとの連絡が入った為、猛ダッシュで桟橋へ(笑)桟橋では師匠と仙人の二人が仁王立ち(笑)して待っていました。次回へ続く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月4日 明後日ですが

明後日、『仙人』とお休みが一緒なので亀山ダムへ釣行することになりました。今回は仙人と一緒のボートに乗っての釣行となる予定です。仙人の凄技を間近で見れるチャンスなので少しでも多くの技術を学べるように頑張ってきます。ちなみに今回の釣行は『師匠』と私の実の父親である『inbabass』も同行の予定です。(実はウチの父親も私以上に熱狂的なバス釣り好きの親父です。詳細については後日アップしたいと思います(笑))果たしてどんなドラマが待ち受けているのでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »