« 7月10日 降水確率 | トップページ | 7月13日 リズム »

7月12日 桧原湖はやっぱり雨だった(涙)

7月11日、夜半桧原湖へ向けて出発。途中、霧雨が降っていたが本降りとなる事もなく3時頃現地へ到着。師匠と一杯やりながら仮眠を取る。
今回も『K-RO GuideService』の渡部さんにガイドを依頼しての釣行。5時頃起床すると曇ってはいるが雨は降っていない、テンションが上がってくる(笑)準備を整え、集合場所の『ゴールドハウス目黒』へ向かって歩き始めるとポツポツと雨が降り始める。ゴールドハウス目黒にて受付を済まし、渡部さんのボートに乗った途端に雨脚が強くなる(涙)やっぱり今日も雨でした(笑)
桟橋を離れ、島周りのポイントを撃ち始める。すると大きな雨音とともに遥か前方から大雨のカーテンがこちらに向けて迫って来るじゃありませんか(驚)30秒後、滝のような雨に飲み込まれていきなりびしょ濡れ(涙)そんな大雨にもめげずにキャストしていると師匠ファーストバイトが。サイズはあまり上がらないがとりあえず初バスをゲット。その後も師匠は連荘でバスをゲット。私は無反応でちょっと焦りが・・・。『ジャバスティック』ネコリグをリグって数投目に念願のバイトが!慎重にやり取りし、バスをゲット。サイズは15cmくらいの小学生バス(笑)自分と同じくらいのルアーを丸呑みしていました。その後は調子が上がり数々のバスをゲットするがサイズは上がらずポイントを移動。
ここで渡部さんオリジナルの虫系ルアー『サンダルン』にチェンジ。前回のガイド時にはプロトタイプであったが数々のテストを繰り返し遂に完成したようです。(ゴールドハウス目黒にて販売中です)オーバーハングにキャストすると深場からバスが浮いてきてバイトが連発。しかし、アワセのコツが掴めていない為バラシを連発。開発者の渡部さんはほとんどのバイトを確実にノセてバスを次々にゲットしていました。そんな渡部さんを見ながらつくづく己の腕の未熟さを痛感しました(涙)しかし、そんな私にもチャンス到来!倒木が沈んでいるオーバーハングでサンダルンをキャストしポーズしているとナイスサイズのスモールが浮いてきてサンダルンをジッと眺めている。次の瞬間、サンダルンが水中に吸い込まれたのですかさずアワセるが、サンダルンのみ戻ってきました(涙)諦めずに再度同じ所にキャストすると先程のバスがまたサンダルンを銜えたのでフッキングするが吐き出されてしまいフッキング出来ず(涙)結局このバスをゲットすることが出来ず代わって小学生バスを連荘でサンダルンで水揚げし、ちょっとサンダルンの使い方が見えてきました。
サンダルン主体のローテーションでキャストを繰り返すが、水揚げサイズは相変わらず上がらなかったが、師匠渡部さんはそれぞれ40cm弱のナイススモールサンダルンで水揚げキャストの精度の差が釣果となって現れました(涙)
更に雨脚が強くなってきた為、サンダルンから前回の釣行で好調だった『アクションゲイラ』にチェンジし沈める釣りに変えた所本日最大の25cmの中学生スモール(笑)を水揚げDvc00008この後はまた小学生スモールの嵐でサイズは伸びず(涙)
ガイドの残り時間も少なくなってきた所で、雨も小降りになりサンダルンへの反応が良くなりバイトが連発。サンダルンタイムが発動(笑)相変わらずフッキングミスもあるが、朝よりはだいぶ載せられるようになり多くのバスをゲットする事に成功。サイズはやっぱり小学生サイズ(笑)でしたが、辺りが暗くなる19時30分頃まで釣りまくりました。虫系トップはフッキングの難しさもありますが、バスが捕食する瞬間が見れてとてもエキサイティングな釣りなので病み付きになりそうです(笑)こんな楽しい釣りを教えてくれたK-RO GuideServiceは最高です。
この後、師匠と私は宿に帰り夕食後激しい睡魔に襲われて30秒で深い眠りについてしまいました(笑)

|

« 7月10日 降水確率 | トップページ | 7月13日 リズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91066/15782695

この記事へのトラックバック一覧です: 7月12日 桧原湖はやっぱり雨だった(涙):

« 7月10日 降水確率 | トップページ | 7月13日 リズム »