« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

7月28日 確立変動突入

先週に引き続き土曜休みイカレたアングラー達とポイントがバッティングする恐れがあるのでいつも通り3時半に発進(笑)イカレてるのは私ですね。いつもの巡回コースを廻るプランで釣行開始。
ポイントに着くと、本日はまだ誰も居ない様子。ビッグベイト強化週間中(笑)なので『バズビルマグナム』で流れ込みや杭、葦際を探るが無反応。サイズを落とし『ワイルドハンチ』にチェンジしキャスト開始。ブッシュの脇を通した時に本日一発目のバイト。しかし、即バレ(涙)貴重な一本を取り逃がしてしまった。その後ワイルドハンチで広範囲を探るが反応が無いので、カバーの中を攻める事に。タックルを『ガゼル』から『タイラントHD』に変えてリグもクランクから『カバークロー4インチ』にチェンジ。先程バイトのあったブッシュの中へカバークローを滑り込ませフォールさせている時に本日二発目のバイトフルパワーでフッキングしブッコ抜きDvc00001幸先よく35cmのバスを水揚げ。水揚げしたバスを撮影しようとした所近くで釣りをしていたアングラーの人が近寄ってきた。撮影姿が恥ずかしかった(笑)ので速攻で撮影しリリース。焦って撮影したのでピンボケしてしまいました(涙)カバークローでカバーを攻めるが反応が無くなったので場所を移動。
水質がいい流れ込みのポイントへ到着。先行者も居ない。ここでもカバー狙いでカバークローをリグってキャストを開始しようと水面を見ると、ナイスサイズ(推定40cmオーバー)のカップルのバスを発見。水面に浮かんでいる虫を捕食している。『ここは虫系ルアーしかない』そう判断し、車へ戻りタックルをチェンジ。桧原湖で大活躍をした『サンダルン』を投入。しかし、見切られてしまいナイスバス達は何処かへ消えてしまいました(涙)またタックルをカバークローに変えてカバーへキャストを開始。水中に杭が沈んでいたので杭の際にカバークローをキャストしフォールさせていると葦際から先程のナイスバスが飛び出して来てカバークローを引っ手繰るように銜えた。すかさず本日二度目のフルパワーフッキングが炸裂。ガッツリ上顎にフッキング。水面までは高さがあるのでハンドランディングは難しい。
ロッドのパワーを信じて本日2度目のブッコ抜き。無事、43㎝のナイスバスの水揚げに成功Dvc00004体高もあって中々いいバスです。相方を探してみるが見当たらず、反応も無いため場所を移動。何箇所か撃ってみるが反応無し。
時間は6時くらいになり、アングラーの姿も多くなってきた。日も高くなり気温も上がってきた。2本水揚げし満足だったので帰宅しようと思ったが、その前にもう>一箇所気になるところがあったのでチェックして帰る事に。
ポイントに到着し今日のヒットルアーのカバークローをリグってキャスト開始。流れ込みが当たっている沈み物の脇にカバークローを落としこむとラインが走った今日3度目のフルパワーフッキングが炸裂、流れの中の為なのか凄い引きでタイラントがブチ曲げられる。葦に潜られそうになるが主導権を握らせず最後はお約束のブッコ抜き(笑)
Dvc00002
これまた体高のある40cmのナイスバスを水揚げ。久しぶりの猛打賞を達成(笑)サイズの割りにはいい引きでした。短時間での釣行でいいサイズがリミットメイク出来たので7時には家に帰っちゃいました(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月25日 伏兵

今日も3時30分から活動開始(笑)薄暗い中(普通の人は真っ暗って言うと思います)ポイントに到着。先行者は居ない。流れ込みに対し虫系ルアーの『トリックトラウトシケイダー』をリグってキャストしようとしたが、かなり流れが激しい様子。『これは違う』と判断し『バズビルマグナム』にリグり直し流れ込みにキャストし放置(笑)しかし毎度の事、無反応(涙)数キャストするが完全に沈黙の為、小移動。移動したポイントで『スタンブル』にて辺りを探るがやはり無反応。葦の奥にラバージグやらワームやらをぶち込むが生態反応ゼロ(涙)見切りを付けてポイントを移動最中に早朝だというのに2サイクルエンジンの甲高い爆音と共に『ラジコンヘリ』が登場。ポイント付近の田んぼへ農薬散布を開始。『そこの田んぼの脇の流れ込み、これから撃とうとしていたのに(涙)』そんな想いなど聞き入れられず、ガンガン農薬が蒔かれて行く。当然、そこの流れ込みは完全に沈黙(涙)そこにも見切りを付けて更に大移動を決行。ところが、またも別の『ラジコンヘリ』が出現しポイントへ農薬を散布、直撃です(涙)印旛水系は農薬散布週間みたいです。おまけに、『風神スパイダー』をキャストし枝に絡んでしまった為、軽くロッドを煽った所、風神スパイダーが戻って来たのでホットして風神スパイダーを見て見ると『フックが折れてるじゃねーか(涙)』バスは釣れないし、ルアーを破損するし散々な釣行でした。なんかこのブログが『釣れない言い訳日記』になって来ているとは思わずには居られない今日この頃です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月21日 悪夢  

久しぶりの土曜休み。今日は夕方から飲み会があるので釣行を控えようと思ったが、通常の休みと同様に3時に起床(笑)土曜日ともなると多くのアングラーが釣行している可能性が高いと判断し3時20分に発進、やっぱりイカレてます(笑)ポイント近辺に着くと明らかにバサーと思われる車が同じ方向へ走っている。『マズイ、先に入られてしまう』すかさず、脇の農道に入りポイントまでショートカット。その甲斐があってバサーが到着する10秒前にポイントに到着。バサーはこちらを伺いながら通り過ぎていきました。さすが土曜日、イカレた釣り人が俺以外にも居たことを再認識しポイントへ入る。まだ、辺りは暗くルアーも良く見えない状況の中キャストを開始。しかし、全く反応無し。明るくなってきてから葦の奥へ『カバークロー』をぶち込むが無反応。色々ルアーをローテーションするが完全に沈黙(涙)見切りを付けて別のポイントへ。デカバスが良く入っている水路に到着。水は動いているが濁りが入っていたのでアピール度の高い『バズビルマグナム』を選択し流れ込みにキャストしデッドスティッキングしていると暫くしてナイスサイズのバスが沸いて出てきてバズビルマグナムへキスバイト。しかし、運が悪くフッキングせず(涙)キスバイトを取る為のキラーフックにもフッキングせず、バスは反転して水中へ(涙)諦めきれず、傷だらけの(笑)『ジャバロンハード』にチェンジしキャストするが無反応の為ポイント移動を決断。
さすが土曜日という事もあり、どこのポイントへ行っても先行者が居て、中々ポイントに入れない。やっと実績のあるポイントに入る事が出来たので様子を窺いルアーを選択。水質は今日廻った中では一番良く、沈み物も絡んでいるので釣れそうな雰囲気が漂う。『スタンブル』をリグってキャスト開始。乱杭地帯で杭に当てて止めた瞬間に『コツン』とショートバイト。アワセ切れずフッキング出来ず。再度同じ所にキャストした瞬間『プチーン』ラインブレイクしスタンブルが沖で寂しげに浮かんでいる(涙)今まで数多くのバスを釣り上げた思い入れのあるルアーだったので何としてでも回収したい。ダッシュで車に戻りタックルボックスを抱え再度ロストしたポイントへ。クランクをリグってスタンブルに引っ掛けて回収する作戦に出る。とりあえず手に取った『イマカツクランク』をリグってフルキャストした瞬間『プチーン』5分程前に見た光景と全く同じ光景が『これってデジャブー?』悲しいけど、これ現実なのよね(笑)寂しげなスタンブルの脇に数分前まで手元にあったイマカツクランクが浮かんでいる(涙)一瞬放心状態になるが気を取り直しラインチェックをし、『rpmクランク』をリグって回収開始。恐ろしいほどの集中力でキャストしたのでいきなり一投目でイマカツクランクを回収、『よし、いい感じ(笑)』本命のスタンブルの回収作業に移る。しかし、ここで事態が急変。先程までは無風であったのに急に風が吹き始めスタンブルが対岸目指して流され始める。スタンブル目指してキャストをするが焦ってしまい微妙に狙いからずれる。数投した所でやっとスタンブルに引っ掛かり回収に成功。危ない所でした(笑)危うくロストしそうになったルアー達です。Dvc00004_3その後、釣行限界時間までラン&ガンを繰り返すがギルバイトがあるだけでバスの水揚げをする事が出来ずに時間を迎えてしまいました(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月17日 大物

ブログの更新を行っていたら既に3時20分。桧原湖用のタックル一式を印旛用タックルに変更し一睡もせず釣行へ発進(笑)今日もやっぱりオバカさんです(爆)
ポイントに到着し薄暗い中、『カバークロー』をリグってキャスト開始。葦際で反応が無かったので倒れている葦の上にキャストし隙間から中へ落とし込むと『ノソーッ』と重さが掛かるバイトが。瞬時にフッキングし葦から引きずり出す。引きずりだした途端バスが右に左に泳ぎだし抵抗してくるガゼルがバットから曲げられている大物の予感ジャンプされるが冷静に対処し最後はハンドランディング。今シーズン最大の48cmのビッグバスを水揚げ。
Dvc00001_1
その後は各ポイントを廻るが、が強くなって来たのと激しい睡魔に襲われたので僅か2時間にて釣行を終了し帰宅後爆睡しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日 延長戦

とりあえず、片付けを終えてから延長戦の陸っぱりへ突入(笑)桧原湖大ヒットルアー『サンダルン』一本で勝負を賭ける。桟橋から流れ込みの脇に一投目をキャスト。いきなりバイトがあるが食いが浅く載せられず(涙)オーバーハングの下にバスの群を発見。オーバーハングの下にキャストしポーズさせているとバイトが。これはしっかりフッキングし一匹目を水揚げ。サイズは15cmくらい(笑)この後サンダルンタイムが発動(笑)バイトが多発しフッキングするがサイズはやっぱり15cmくらい(笑)さらに大きなサイズを狙い辺りを見回してみると激しいボイルが起こっているのを発見。すかさずそこへキャストしポーズ。サンダルンが水中に引きずり込まれたのでフッキング。今までの魚とは違う引き。ジャンプされるが慎重にやり取りし最後は身を乗り出してハンドランディングDvc00001
25cmのスモールを水揚げ。その後、もう一匹追加するがその後は続かず完全に沈黙(笑)これにて納竿となりました。今度は本当に片付けをして(笑)帰宅の途に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日 リズム

遠征2日目、朝5時に起床。今日はレンタルボートを借りての釣行。今日の天候は曇り。雨の心配はなさそうだ。
準備を整え桟橋より出船。昨日ガイドをしてもらったポイントを廻って行く。まず、初めに島周りから攻めていくことに。『アクションゲイラ』をリグって一投目をキャスト。フォールさせているとラインが走ったのですかさずアワセを入れる。スカイマスターが大きく弧を描く。今までで一番いい引きをしている。慎重にボートへ寄せて魚影が薄っすら見えた時に急にラインテンションが緩んでしまった。『バレちゃった(涙)』このバラシの後気持ちの切り替えが出来ずキャストミスやバラシを連発。それとは裏腹に師匠は『スモラバ』爆釣モードに突入Dvc00006サービス精神旺盛の師匠今江プロ風のハンドランディングを披露(笑)そんな師匠に肖ってスモラバを使うが師匠とはリズムが違うらしく小学生バスが単発で釣れる程度。色々なルアーをローテーションするがサイズも上がらず単発ばかり。
ここで『サンダルン』にチェンジしキャストを繰り返すとバイトが増えてきた。サイズも少し上がりはじめ、やっと中学生バスをゲット(笑)Dvc00004_2
レンタルボート返却時間の16時が迫っていたので最後に師匠がキャストした所、強烈な引き。慎重にやり取りし35cmのグッドスモールをゲット。最後の最後で美味しい所を持ってっちゃいました(笑)これで時間となってしまったので桟橋へ帰着し今回の遠征は終了となるかと思ったら・・・師匠からの提案で陸っぱりをやって行くことになりました(笑)
次回へ続く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月12日 桧原湖はやっぱり雨だった(涙)

7月11日、夜半桧原湖へ向けて出発。途中、霧雨が降っていたが本降りとなる事もなく3時頃現地へ到着。師匠と一杯やりながら仮眠を取る。
今回も『K-RO GuideService』の渡部さんにガイドを依頼しての釣行。5時頃起床すると曇ってはいるが雨は降っていない、テンションが上がってくる(笑)準備を整え、集合場所の『ゴールドハウス目黒』へ向かって歩き始めるとポツポツと雨が降り始める。ゴールドハウス目黒にて受付を済まし、渡部さんのボートに乗った途端に雨脚が強くなる(涙)やっぱり今日も雨でした(笑)
桟橋を離れ、島周りのポイントを撃ち始める。すると大きな雨音とともに遥か前方から大雨のカーテンがこちらに向けて迫って来るじゃありませんか(驚)30秒後、滝のような雨に飲み込まれていきなりびしょ濡れ(涙)そんな大雨にもめげずにキャストしていると師匠ファーストバイトが。サイズはあまり上がらないがとりあえず初バスをゲット。その後も師匠は連荘でバスをゲット。私は無反応でちょっと焦りが・・・。『ジャバスティック』ネコリグをリグって数投目に念願のバイトが!慎重にやり取りし、バスをゲット。サイズは15cmくらいの小学生バス(笑)自分と同じくらいのルアーを丸呑みしていました。その後は調子が上がり数々のバスをゲットするがサイズは上がらずポイントを移動。
ここで渡部さんオリジナルの虫系ルアー『サンダルン』にチェンジ。前回のガイド時にはプロトタイプであったが数々のテストを繰り返し遂に完成したようです。(ゴールドハウス目黒にて販売中です)オーバーハングにキャストすると深場からバスが浮いてきてバイトが連発。しかし、アワセのコツが掴めていない為バラシを連発。開発者の渡部さんはほとんどのバイトを確実にノセてバスを次々にゲットしていました。そんな渡部さんを見ながらつくづく己の腕の未熟さを痛感しました(涙)しかし、そんな私にもチャンス到来!倒木が沈んでいるオーバーハングでサンダルンをキャストしポーズしているとナイスサイズのスモールが浮いてきてサンダルンをジッと眺めている。次の瞬間、サンダルンが水中に吸い込まれたのですかさずアワセるが、サンダルンのみ戻ってきました(涙)諦めずに再度同じ所にキャストすると先程のバスがまたサンダルンを銜えたのでフッキングするが吐き出されてしまいフッキング出来ず(涙)結局このバスをゲットすることが出来ず代わって小学生バスを連荘でサンダルンで水揚げし、ちょっとサンダルンの使い方が見えてきました。
サンダルン主体のローテーションでキャストを繰り返すが、水揚げサイズは相変わらず上がらなかったが、師匠渡部さんはそれぞれ40cm弱のナイススモールサンダルンで水揚げキャストの精度の差が釣果となって現れました(涙)
更に雨脚が強くなってきた為、サンダルンから前回の釣行で好調だった『アクションゲイラ』にチェンジし沈める釣りに変えた所本日最大の25cmの中学生スモール(笑)を水揚げDvc00008この後はまた小学生スモールの嵐でサイズは伸びず(涙)
ガイドの残り時間も少なくなってきた所で、雨も小降りになりサンダルンへの反応が良くなりバイトが連発。サンダルンタイムが発動(笑)相変わらずフッキングミスもあるが、朝よりはだいぶ載せられるようになり多くのバスをゲットする事に成功。サイズはやっぱり小学生サイズ(笑)でしたが、辺りが暗くなる19時30分頃まで釣りまくりました。虫系トップはフッキングの難しさもありますが、バスが捕食する瞬間が見れてとてもエキサイティングな釣りなので病み付きになりそうです(笑)こんな楽しい釣りを教えてくれたK-RO GuideServiceは最高です。
この後、師匠と私は宿に帰り夕食後激しい睡魔に襲われて30秒で深い眠りについてしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日 降水確率

明日の夜から桧原湖遠征だというのに天候は12,13日と雨の予報が(涙)過去に桧原湖へは4回釣行しているがそのうち3回が雨と降水確率がなんと75%(涙)
今回もおそらく雨なので降水確率が80%にアップ(笑)
普段の行ないが悪いのか桧原湖遠征はいつも天候に恵まれません。
ただいま、会社に提出しなければならない書類を作成し終えたのでこれから遠征の準備です。
明日は、桧原湖遠征のことで頭が一杯で仕事に集中できないだろうな(笑)
いい釣果報告が出来るようにがんばってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月5日 雨なのに

朝3時30分に起きると外は。結構降っていたので釣行を断念しようと思ったが、『とりあえず行って雨が酷くなったら帰ればいいや』位の気持ちで釣行に発進(笑)
最初のポイントに着いたら雨が止み『よし、いい感じ』水質も良く釣れそうな雰囲気。『ブリッツ』をキャストし反応を探るが無反応なので『カバークロー』にチェンジし倒れた葦の上にキャストし葦の中に潜り込ませると『バイト!』
フルパワーでフッキングし葦の中から引きずり出し、最後はブッコ抜き。幸先よく38cmのバスをゲットDvc00004_1
その後、連荘を期待するがこの後は完全に沈黙(笑)気を取り直してポイントを移動。
次のポイントに到着し、本日釣行前にフック交換をした『スタンブル』を投入。沈み物や杭を流すが無反応。沖に投げてなんとなく巻いてきたらピックアップ寸前にスタンブルに強烈なアタリがあったが予想外のアタリでアワセ切れず。ピックアップ後、同じ所にキャスト。巻き始めた途端ロッドに強烈なアタリが。今度は確実にアワセ手元に寄せてくると・・・Dvc00003_2
子ライギョ君でした(涙)すかさずリリースしたのですが交換したフックが一発で伸ばされてしまい使い物にならなくなってしまいました(涙)その後はやっぱりノーバイトだったのでまた移動。
何箇所か回るがバイトも無く、先日バスをキャッチした流れ込みへ移動。流れ込み付近で何か小さな生物が跳ねているのを発見。そしてその生物を捕食している魚群をサイト。しかし、よく見ると鯉ばかり(涙)さらによく見てみると鯉の群の中にバスが入っているのを確認。『ジャバスティック』をキャストし流れに乗せていると『コツコツ』と小さなアタリがあるが乗らない。最近流行の『カバークロー』を同様にキャストするとラインが走ったのでフッキングすると揚がってきたのは20cmくらいの小学生バスでした(笑)Dvc00002_1
これで満足してしまい早めに撤収しちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月4日 再び・・・ 

来週7月12日、13日再び桧原湖へ遠征する事になりました。今回は師匠と二人での釣行の予定。
翌週行われるTOP50のプラが行われていて、かなりプレッシャーが掛かっていそうですがBIGスモールが釣れるように頑張ります!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月2日 最後の最後で

ブログを更新し時計を見ると・・・3時30分(汗)M氏が来るまで、あと30分。寝れない(笑)そのまま準備を整えM氏の到着を待つ。3時50分にM氏が到着、一睡もせずに釣行へ出発(笑)
印旛水系でバスをキャッチしたことの無いM氏に釣ってもらえるように実績のあるポイントを廻るプランで釣行開始。
ファーストポイントに到着。ここは以前、私が50アップを水揚げした事があり常にデカバスが付いている美味しいポイント。バスが付いていそうなストラクチャーを撃ってもらうが無反応。M氏が撃った後にフォローを入れてみるが無反応(涙)。早々に見切りを付けて近隣のポイントへ移動。ここは沈み物が多いポイントで、沈み物を撃ってもらうがやはり無反応。M氏が攻めた後に最近マイブームの『ベビーゴードン』をキャストし沈み物近辺を探っているとラインが走った。すかさずフッキングするが・・・ラインが動かない(汗)やべー、根掛かった(涙)近くに落ちている長い棒や鉄パイプを駆使して回収を試みるがビクともせず一か八かラインを引っ張って回収を試みると『プチーン』とラインが切れてルアーは湖底に・・・絶句(涙)結局このポイントでも水揚げ出来ず更に移動。
前回、バスをゲットしたポイントに行くが・・・水が悪すぎ(涙)バスも見当たらず、キャストを繰り返すがやはり無反応。M氏は黙々とキャストを繰り返すが睡眠不足と集中力の無い私はポイント近くの階段で座り込んで寝ちゃいました(笑)暫くしてM氏が戻って来るが釣れなかった様子。
この後も何箇所か撃って行くが無反応。途中、デカバスをサイトしM氏に撃ってもらうが全くルアーに興味を示さず悠々と泳いで消えて行ってしまいました(涙)
釣行限界時間が近づいていたので、サイズは選べないが魚影が超濃いポイントへ行って見ると・・・既に先行者が(涙)仕方なく別のポイントへ移動。しかし、この途中で異常事態発生(笑)眠くて眠くて意識が遠のき会話が出来ない状態に(笑)
ポイントに着いても眠い為に車中で爆睡、仕舞いには大イビキを掻いて寝ていたようです。そんな中でもM氏は黙々とキャストするが無反応。30分位して起床した所で先程のポイントへ移動。
ポイントには誰も居なかったのでM氏に先に撃たせる。やはり無反応。代わって私が撃ってみるがやはり無反応。帰り支度を始めた時に葦際が動いた気がついたM氏はすかさずキャスト。アタリがあったがノらない。再度同じ所にキャストするとM氏のロッドが『ギュイーン』と大きく弧を描くがなんか様子が変?抜き揚げると・・・20070702
コイツでした(笑)次こそはバスを釣ったるでー(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月2日 ウチの職場のバス釣り事情

ウチの職場はバスアングラーが増殖中です(笑)
まずは、この私。師匠に誘われてバスフィッシングを始めたのが7年前。ドップリこの世界にハマッてしまいそのハマリっぷりはこのブログを見ていただければお解かり頂けると思います(笑)
そして、私をこの世界へ導いてくれた師匠。釣り暦20年以上の大ベテラン。以前は某有名釣具店に勤務していた事もあり、技術、知識どれをとっても天下一品。以前ブログにも登場したレンジャーボートのオーナーでもあります。
その次はM氏。3年程前に私がコッチの世界へ引きずり込みました(笑)『ちょっとバス釣りをやってみたい』という事を言われ、バス釣りの楽しさを教えてあげる為に房総の野池に連れて行き、そこで爆釣を体験。これでM氏もすっかりハマってしまい桧原湖では一番の釣果をあげていました。
ちなみに職場の机は、M氏→私→師匠の順番で並んでいて仕事をせずに釣り関連の話ばかりをして楽しんでいます(笑)
今年、師匠のボートで一緒に釣りに行ったK氏。昔、バス釣りをしていた事があり、久しぶりの釣行でもブランクを感じさせないナイスキャストを連発していました。今度は、印旛で一緒に釣りをしましょう!
今年からこの世界の門を叩いたI氏。中々の努力家で、暇さえあれば一人で釣行し日夜腕を磨いているようです。先日、一緒に釣行した際にはバスをゲット出来なかったのですが、数日後に朝3時30分から釣行し念願の初バスをゲットしたそうです。更なるビッグフィッシュを求めて印旛水系を回遊中です(笑)
こんな感じで仕事後にみんなでキャスティングへ行ってみたり、休みが合えば一緒に釣行したりとバスフィッシングライフを楽しんでいます(笑)
そんなウチの職場に先日、師匠の元職場の同僚であり師匠の師匠である『仙人』が入社してきました。
さすが師匠の師匠(笑)なので知識が豊富で理論的です。以前、釣りをしている姿を見た事があるのですがマシーンのように正確なキャストを繰り返し『スゴイ人だ』と衝撃を受けたことがありました。
そんな凄腕の仙人が入ってきたウチの職場のバス釣りは『熱い(笑)』

PS 今日は朝4時からM氏と釣行です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »