« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

6月28日 どうする俺(笑) 

連休2日目、今日もいつも通り朝3時30分から発進(笑)昨日バスをゲットしたインレットへ行くがこれまたいつも通り無反応(笑)ここで何を思ったのか『ベビーゴードン』を選択し葦際や杭、矢板近辺を探るがやはり無反応。水面下に沈んでいる矢板の脇を通した瞬間何かに引っ掛かった感覚が。『根ガカリかな』と思いながらさらに巻いてみるとラインが走り出したタイラントがバットから曲がりかなりの大物の感触。何とか岸際まで寄せてきた所でジャンプ『デカイ、50cmはあるんじゃないの』って思った瞬間2度目のジャンプ。そしてフックオフ(涙)水揚げ寸前のバラシにかなり凹んじゃいました(笑)気分を入れ替えようとポイントを移動して撃ち続けるが先程の出来事が脳裏から離れず嫌な感じ。
昨日、ナイスバスがスクールしていたポイントに移動し様子を伺うと昨日よりも水が悪くアングラーも多い。とりあえず『アクションゲイラ』をリグって昨日のポイントへ行ってみるとアングラーは居ないがやはり水は悪い。歩いて周囲を見回すがバスの姿は見当たらない。流れ込みの辺りを見てみると、一瞬バスらしき魚影がチラリ。流れ込みにキャストしアクションゲイラを流れに乗せると微妙なアタリがあるがフッキングせず。再度キャストし流れに乗せると・・・ラインが走り出したのですかさずフッキング。しかしここで困った問題が発生。キャストした位置から水面までは5メーター位の急斜面、どこで取り込もうか。しかし考えるより先(笑)にこの斜面を降り始めて滑り落ちないように、尚且つバスをバラさないようにランディング体勢に入る。腕を伸ばしバスをハンドランディング。サイトでは無かったけど41cmのグッドバスをキャッチDvc00003_1バラしたバスにはサイズは届かなかったけれど、とりあえずバスをキャッチ出来たから良しとしましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月27日 休みの過ごし方 

今日、明日と連休。連休の過ごし方は・・・もちろんバスフィッシング(笑)
当然、朝3時30分に発進、ほとんどキチガイです(笑)現地に到着しキャストを開始するがいつも通り反応は無し。
カバークローをセットし葦の中へ絨毯爆撃を開始。その時、このポイントでよく出会うトップ好きのおじさんが登場。
久しぶりに会ったので話が弾んでいたその時本日一発目のバイトが。しかし、話に集中していた為にアワセが一瞬遅れてしまい痛恨のバラシ(涙)気を取り直して今度はデスアダーをセットし葦の中へ絨毯爆撃を開始。かなり奥へ突っ込んだその時本日二度目のバイト。しっかりフッキングするが葦が邪魔でバスが出てこない(汗)一か八か一瞬テンションを緩め再びテンションを掛けてバスを引き出すことに。するとバスが上手い具合に奥から出てきてくれたので一気に巻き上げてハンドランディング。35cmのバスをゲット。Dvc00004おじさんが見ていたので撮影も程々に素早くリリース(笑)急いで撮ったのでピンボケしてます(笑)この後は不発だった為、ポイントを移動。平日の朝の5時だというのに釣り人が多く、中々いいポイントに入れない。とある流れ込みでナイスサイズのバスがスクールしているのを発見。すかさず戦闘態勢に。バスの動きを観察しキャストポイントを考える。丁度、葦の手前にある杭の所にステイしていたのでスモラバを杭の奥の葦に引っ掛けてシェイク開始。するとステイしていたバスがスモラバ目掛けて突っ込み口を使った。しかし、食いが浅くフッキング出来ず(涙)他のバスにターゲットを変えてトライするも興味は示すが捕食まで至らず。熱戦を繰り広げていたが、ここで釣行限界時間となってしまった為残念ながら終了。次回こそはサイトフィッシングで仕留めてやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日 寝坊   

いつもより30分寝坊をしてしまった為、朝4時から出陣したがポイントには既に先行者が。別のポイントに行くもそこでも先行者が(涙)
またまた別のポイントに移動しキャストを開始するが一投目から根ガカリ。新たにリグり直して再びキャストするもまたまた根ガカリ(涙)これで完全に集中力が切れてリズムを崩してしまいキャストが雑になってきたので、わずか1時間で撤収
あまりにも早い帰宅にカミサンも驚いていました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月21日 生還 

ブログを更新後、準備を整え3時30分に釣行へ発進(笑)ポイントへは5分位で到着し薄暗い中をキャスト開始。足元から徐々に奥へとキャストするが反応は無し。沈み物も反応が無いのでカバークローをセットし葦の中へぶち込む。すると、微かなアタリが。瞬時にフッキングし葦中から引きずり出そうとしたが、葦に巻かれてしまい痛恨のバラシ(涙)その後も反応が無かったので場所を移動。
今日はどこのポイントへ行ってもかなり減水していて、バスが付きそうな障害物が露出していた。とある小さな水路へ行って見ると水は少ないが何匹かバスが入っていて、その中に50cmオーバーのバスがいるじゃありませんか。すぐに戦闘モードへ切り替え木陰からバスの動きを観察。オーバーハングの奥にステイしている。
作戦としてはオーバーハングがあまり濃くは無いので虫系ルアーを少し奥に突っ込みシェイクさせて喰わせる。見事成功すればデカバスをゲットとなる予定。投入するルアーは先日ネットにて定価以上で購入(笑)した『アベヤンマ』キャストポイントを確認し作戦開始。『アベヤンマ』をイメージ通りの位置へキャストしシェイク開始。シェイクを始めるとデカバスは気になるらしく『ジーッ』とルアーを見ている。バスが見ている時はシェイクを止めて見ていない時に激しくシェイクを繰り返していると『スーッ』とルアーに近づき口を開けた。『喰えーっ』と思った瞬間ルアーが口の中へ。すかさずフッキングすると『アベヤンマ』だけが飛んで来ました(涙)本日2度目のバラシ(涙)しかも50cmオーバーの凄い奴を(大涙)
その場を休ませる為に小移動するが、ここも激しく減水。減水している湖底を眺めていた時に4月下旬にここで『ブリッツ』が殉職したのを思い出し湖底を見ていると沈んでいる土のう袋に茶色い物体が引っ掛かっているのを発見。『もしかしたら・・・』と思い棒で突っついて見ると殉職した『ブリッツ』でした(喜)すかさず水面へ身を乗り出しハンドランディング(笑)し無事回収。フックは錆びて折れていましたがボディーは無傷だったので再生可能。
予想外の生還に今日のヒキの強さを感じて再度先程のデカバスをゲットしに行ってみるが・・・既にそこには別のアングラーが入っていて、間もなく釣行限界時間を迎えてしまいました(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月21日 釣行車

バスフィシングに行く時、かなりの量の荷物を持って行く事になるので必然的に釣行車は室内が広くより多くの荷物が積めるミニバンやステーションワゴンの方が多数を占めると思います。
しかし、ウチの釣行車はコイツです(笑)2007_0510_071230aa

日産S15シルビア、ブーストアップ仕様。
ロッドを積むのも一苦労、特に7フィートもあるロッドを積むときにはティップがリアウィンドウに当たってしまうので細心の注意を払って積み込んでいます。2007_0510_071142aa

おまけにスタイル重視の為、車高は落としてあるので畦道を走る時はフロアを擦りながら走行。
マフラーも交換し爆音の為、バスに気配を感じ取られないようポイントからかなり離れた所に駐車しています。
『そんなに使い勝手が悪ければ乗り換えればいいのに』と思われる方も多数いらっしゃると思いますが何故乗り換えないのか?金銭的に苦しい事もありますが実はこの車のオーナーは『カミサン』なのです(笑)おまけにうちのカミサンはマニュアル車シルビア位の大きさの車しか運転出来ないそうです(汗)
ついこの間『レガシーのマニュアル車なんかどうかな?』って聞いてみたら一言。『ヤダ!』一蹴されちゃいました(笑)
釣行車としては不便な点が多数あるけれど、運転していてとても気持ちのいい楽しい車です。
ただ今の時刻は3時20分今日もこれからこの車に乗って発進です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月14日 連休二日目

昨日ブログでも書いた通り、今朝は3時30分に発進(笑)もうここまで来るとホントおバカさん(笑)です!
さすがに先行者は居なく、すんなりポイントに入り薄暗い中でキャストを開始。ラバージグ→スタンブル→フリックシェイク→デスアダー→スモラバとローテーションさせるが無反応。昨日職場へちょっと顔を出した時に、師匠が『今、エビパターンが熱い』って言っていたのを思い出し、昨年大活躍で多くのバスをゲットしたカバークローを選択。沈み物、葦際をチェックするが反応無し。葦の中へぶち込みフォールさせるとバイトが!すかさずフルパワーでフッキングし葦の中から引きずり出す。上手く手元に寄せてきた所ですぐ手前の葦に巻かれてしまった。しかし、手を伸ばせばキャッチ出来る所だったので手を伸ばしてバスをキャッチ。サイズは44cmと中々いいサイズ。2007_0614_042253aa今日はなんとなくバスとのツーショットで撮ってみました(笑)
この後、釣行限界時間まで各所を廻ってみましたが、ギルバイトはあるがバスからの反応は無く水揚げの追加はで来ませんでした。最近、やっと釣行記らしくなってきた気がする(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月13日 連休初日  

今日は3時30分に起床し4時に発進(笑)
連休の初日をバスを釣って気持ち良くスタートしたかったので確実に魚が付いているであろうポイントに向かう。
『平日のこの時間なら誰も居ないだろう』と思いポイントへ到着すると・・・先行者がいる(涙)一気にテンションが下がり力が抜ける。『俺以外にもイカレた奴がいたんだ(笑)』
この後、釣行限界時間までラン&ガンを繰り返すが今日は完全に沈黙(笑)見せ場は全くありませんでした(汗)
明日は3時30分に発進します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月11日 釣りの神サマ

昨晩、Yahooオークションにてキャスティングでの争奪戦を勝ち抜いて(笑)購入した『ジャバロンハード』の値段をみたらナント7000円近い値段で取引されてるじゃありませんか。
このままオークションに出品しようか考えたが、とりあえずソフトベイト並の驚愕の泳ぎが見てみたかったのでスイミングテスト後に出品しようと思いタックルボックスに格納し釣行へ出発。
ビッグバスが付いている水路に到着し、ジャバロンハードをタイラントHDにセットし手元で少し泳がせて見る。『これってハードルアーなの?』ってセリフが出てきそうな驚愕の動き(驚)ビッグバスをゲット出来そうな気がしてきた(笑)気合を入れてロングキャスト。しかし、着水寸前にジャバロンハードが『カキーン』という嫌なサウンドをしながら横へバウンド。着水し巻き上げて来ると・・・上がってきたのは変わり果てた姿となったジャバロンハード(涙)2007_0611_074832aa
全身傷だらけでテールは行方不明となり、このルアーのキモである『ハイドロフォイルスポイラー』が半分欠けてしまいました(涙)後でそのポイントに行って見るとコンクリートの柱が沈んでいて、それにぶつかったようです。
邪な事を考えていたから釣りの神様が天罰を下したのでしょう(笑)これで踏ん切りがついて満身創痍のジャバロンハードを狂ったようにキャストしまくりましたがバイトには至らずポイントを移動。
沈み杭があるポイントで印旛水系でヒットルアーのスタンブルにチェンジしキャスト開始。杭に当てて一瞬止めた時にバイト!引きを充分に楽しんでからお約束のブッコ抜き。40cmのナイスバスの水揚げに成功。2007_0611_045806aa
その後ポイントを移動するも平日なのに釣り人が多く、なかなかポイントに入れなかったので早めに撤収。
家に帰って次回の出撃に備えてジャバロンハードにスペアテールを装着。
『絶対コイツで釣ってやる』と心に誓った釣行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月9日 桧原湖遠征 番外編

先日の遠征の模様が渡部さんのホームページ『K-RO GuideServiceにアップされていました。デカラージを持っているのがM氏、レンジャーの帽子を被っているのが師匠、そして残りが私です(笑)
桧原湖に釣行の際はK-RO GuideServiceを利用してみて下さい。
楽しくエキサイティングな釣行が楽しめますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月7日 思わず・・・

一週間ぶりの休み。疲れているのに朝4時から発進(笑)今日は会社の同僚で今年からバス釣りを始めたI氏に印旛水系のポイントをガイドする事に(ガイドするほどのウデは無いんですが)前日に師匠から『必ず釣らせてあげるように、ガイドに徹して釣りはしないように』厳しいお言葉を頂きプレッシャーが掛かる(笑)特に集合時間は決めていなかったので連絡があるまでは魚が付いて居そうなポイントを探る事に。
魚影がかなり濃いポイントにて反応を確かめる為にヤミーのジグヘッドワッキーをキャスト。
いきなりバイト!すかさず電撃アワセ(?)強烈なヒキで葦に潜り込まれそうになるが上手くかわしてハンドランディング。水揚げされたバスは45cmのナイスサイズ確認するつもりが思わず釣っちゃいました(笑)2007_0607_042009aa
その後何箇所か下見をしているとI氏から連絡が入り合流。バスをゲットしたポイントとは別の有望ポイントへ移動し釣行開始。美味しい沈み物や変化等を教えキャストしてもらうが無反応。試しに私もキャストしてみるがやはり反応は無い。水質の良いインレット狙いでラン&ガンを繰り返すが全て撃沈(涙)
私の釣行限界時間(8時30分)まであと僅かとなってしまったので先程偵察時に釣ってしまったポイントに移動しキャストしてもらうが無情にも反応が無く、釣行限界時間を迎えてしまった為、I氏に釣らせてあげる事も出来ていないのに無責任にも撤収。この後もI氏は有望ポイントを何箇所か廻ったそうですがバスをゲットすることは出来なかったそうです。『I氏、スイマセン。今度こそは釣らせます!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月7日 争奪戦

今日、6月7日はいつも利用している『キャスティング』がリニューアルオープン。娘の送迎の後、一路キャスティングへ。『平日だからそんなに混んでないだろう』と思ったが『もしかしたらお宝ルアーがゲットできるかもしれない』ので10時ちょっと前に着くと・・・長蛇の列(驚)侮っていました(笑)すぐに並びオープンと同時に店内へダッシュ。

ルアーコーナーへ行くと・・・『ジャバロンハードがある(驚)、ジャバスティック、アベヤンマ数量限定なしだって(驚)』カゴをゲットしジャバスティック、アベヤンマを確保しジャバロンハードを探すが全て確保されてしまった模様(涙)諦めかけていたその時、後ろにいた兄ちゃんたちが『予算が足りないからどれか戻すか』って話をしてるじゃありませんか。カゴの中にはジャバロンハードが7個も入ってる(驚)ブツを売場に戻そうとした瞬間手を伸ばしたが
別の手が伸びてきてタッチの差でジャバロンハードをゲットされちゃいました(涙)折角のチャンスを生かせず落ち込んでいるとその兄ちゃんたちが更にもう一個戻そうとしているじゃありませんか。形振り構わず兄ちゃんに『すいません、それ下さい』っていったらあっさり譲ってくれました。(喜)まさか定価でコイツが手に入るなんて。
今日の戦利品はこれです(笑)2007_0607_191247aa
おまけに2500円分の商品券が当たったのでさらにラッキー(笑)また明日買いに行こう(爆)家に帰って戦利品を眺めていると先日ネットで手に入れたアベヤンマ(もちろん定価以上です)が送られてきました。もう少し待っていれば・・・(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月31日 桧原湖遠征 Part3

ゴールドハウス目黒にて暫しの休憩。この時点で私が3匹、師匠が1匹、M氏が0匹と釣果は上がらない。
時間も残り僅かとなってきた。レンタルボートの方々は16時までなのでレンタル組が撤収した後、再度イカリ潟を攻める事になった。休憩を終えて外に出ると、先程まで降り続いていた雨は上がり薄日が差している。俄然、テンションが上がり出船。
午前中、廻った時にバスが付いていたポイントをピンポイントで攻める。バイトには至らないが虫系ルアーのピンポイントシェイクに反応がいい事に気づき、3人とも虫系ルアーをキャスト。師匠とM氏は渡部さんオリジナルの虫系ルアーをキャスト。私は風神スパイダーをキャスト。
そして、遂にM氏に待望のバイトが。しかもデカイ。寄せて来るとかなりデカイラ−ジマウス。今年初のバスを目の前にM氏は慌てている様子。すかさずガイドの渡部さんがハンドランディング。貴重な45cmのビッグラージをゲット。その瞬間船上は歓喜に包まれました。釣ったM氏は美味そうにタバコを吸い始め、渡部さんもこのタフコンディションで全員が釣れたことにより安堵の表情を浮かべていました。師匠と私も興奮が覚めやらない状態。おまけにM氏は渡部さんのオリジナル虫系ルアーで初めて釣ったアングラーになりました(笑)
このあと、今までの沈黙が嘘のようなバイトラッシュが始まりM氏は一匹釣った事により覚醒(笑)したらしく立て続けにスモールを四匹連続ゲット。私も一匹ゲット。師匠はバイトがあるもの載せきれず苦戦していた。
気が付くと辺りは薄暗くなり時計は19時を指していたのでこれにて終了。
最後に渡部さんのオリジナルビッグベイトを見せてもらい驚愕の動きに思わずリアクションバイトしそうになっちゃいました(笑)
天候には恵まれなかったけれど渡部さんのおかげで楽しい釣行となりました。
帰りの車中では既に次の桧原湖遠征の日取りを検討していました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月31日 桧原湖遠征 Part 2

ファーストフィッシュをゲット後はアタリが無くイカリ潟へ入る。
9時頃、娘から釣果確認(笑)の電話が入り娘と話をしていると師匠にバイトが!
30cmくらいのスモールがヒット。師匠も久しぶりのスモールの引きを堪能してからランディング。やはりジグヘッドワッキーで沈めてのヒットだったようです。
また、バイトが遠のいてしまい、ここでガイドの渡部さんから反応の悪いスモール狙いからラージマウス狙いに切り替えてビッグラージを釣ってみようと提案があり、必殺リグを教えてもらいセティング。この必殺リグとは自分がよく印旛水系で夏場に使う激釣れリグでまさかこの桧原湖でこのリグが登場するとは予想外でした。(余談ですがこのリグはバスだけでなく、蛙もよく釣れます)
みんな半信半疑でこのリグをブッシュへぶち込むとバイトが連発、しかしフッキングまでは至らない(笑)
これと並行して風神スパイダー+PEラインのなんちゃってパワーフィネスで一点シェイクやらブッシュの中でのシェイクやらを繰り返すがたまに『バホッ!』と出るのだが乗り切らない(涙)
渡部さんがオーバーハングの下に居るビッグラージをサイト。そこを狙うようにアドバイスを頂き風神スパイダーをキャスト。枝に上手く引っ掛かりシェイクを開始。チョコチョコ動かしていると突然、風神スパイダーが水中に消えた
すかさずフッキング!しかし、ラインスラックが出過ぎていて力がかからず吐き出されちゃいました(涙)この後も出るのだが、乗り切らずハンプが多く点在するエリアに移動をする事に。
ジグヘッドワッキーでハンプ近辺に落とすが無反応。フォールスピードをさらに遅くする為にアクションゲイラのノーシンカーリグでボトムまで落とし込む我慢の釣りに変更。すると、見事にハマリ2本立て続けにゲット。サイズは2本とも25cm位。
ここで雨脚がさらに強くなり、疲れも出てきたので桟橋まで戻って休憩を取ることになりました。

次回へ続く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月31日 桧原湖遠征 Part 1

30日夜、仕事が終わったM氏と待ち合わせて桧原湖へ向けて出発。師匠とは現地にて待ち合わせの予定。
しかし、普段の行ないが悪いのか現地へ近づく程雨脚が強くなってくる。4年前、初めて桧原湖へ行った時も前日は大雨で翌日も雨が降り続き、師匠と二人して『ボウズ』になった事があった。その時を思い出させるかの様な状況で嫌な予感がする。現地へは1時30頃到着し、M氏と一杯やりながら仮眠を取る。
翌日、起きてみると外は雨(涙)おまけに寒いテンションが下降。気を取り直してタックルをセットし出船準備を整える。
今日は、師匠の友人の渡部さんにガイドをしてもらっての釣行。渡部さんの愛艇は師匠のバスボートより一回り大きいレンジャー 520VX。赤のカラーリングがカッコいい。一気にテンションが上がる(笑)。
雨は降り続いているが、桟橋を離れ釣行開始。
最初のポイントはイカリ潟手前の小さなワンド。今までの桧原湖遠征でのヒットルアーヤミー3.5インチ+ジグヘッドをスカイマスターにリグってキャスト開始。ブッシュ周りやハンプを探るが無反応。師匠もM氏も無反応。
ちょっと奥目のブッシュを狙ってキャストしフォールさせている時に微かなアタリらしきものが。
ラインが走ったのでアワセてみると見事にフッキング(喜)一年ぶりのスモールの引きを充分堪能してからランディング。ファーストフィシュはこの私でした(笑)
サイズは25cm位でしたがラージとは一味違った引きを楽しませてくれました。Dvc00003
これで調子よく続けて釣りたかったのですが・・・次回へ続く(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »