« 6月21日 釣行車 | トップページ | 6月25日 寝坊    »

6月21日 生還 

ブログを更新後、準備を整え3時30分に釣行へ発進(笑)ポイントへは5分位で到着し薄暗い中をキャスト開始。足元から徐々に奥へとキャストするが反応は無し。沈み物も反応が無いのでカバークローをセットし葦の中へぶち込む。すると、微かなアタリが。瞬時にフッキングし葦中から引きずり出そうとしたが、葦に巻かれてしまい痛恨のバラシ(涙)その後も反応が無かったので場所を移動。
今日はどこのポイントへ行ってもかなり減水していて、バスが付きそうな障害物が露出していた。とある小さな水路へ行って見ると水は少ないが何匹かバスが入っていて、その中に50cmオーバーのバスがいるじゃありませんか。すぐに戦闘モードへ切り替え木陰からバスの動きを観察。オーバーハングの奥にステイしている。
作戦としてはオーバーハングがあまり濃くは無いので虫系ルアーを少し奥に突っ込みシェイクさせて喰わせる。見事成功すればデカバスをゲットとなる予定。投入するルアーは先日ネットにて定価以上で購入(笑)した『アベヤンマ』キャストポイントを確認し作戦開始。『アベヤンマ』をイメージ通りの位置へキャストしシェイク開始。シェイクを始めるとデカバスは気になるらしく『ジーッ』とルアーを見ている。バスが見ている時はシェイクを止めて見ていない時に激しくシェイクを繰り返していると『スーッ』とルアーに近づき口を開けた。『喰えーっ』と思った瞬間ルアーが口の中へ。すかさずフッキングすると『アベヤンマ』だけが飛んで来ました(涙)本日2度目のバラシ(涙)しかも50cmオーバーの凄い奴を(大涙)
その場を休ませる為に小移動するが、ここも激しく減水。減水している湖底を眺めていた時に4月下旬にここで『ブリッツ』が殉職したのを思い出し湖底を見ていると沈んでいる土のう袋に茶色い物体が引っ掛かっているのを発見。『もしかしたら・・・』と思い棒で突っついて見ると殉職した『ブリッツ』でした(喜)すかさず水面へ身を乗り出しハンドランディング(笑)し無事回収。フックは錆びて折れていましたがボディーは無傷だったので再生可能。
予想外の生還に今日のヒキの強さを感じて再度先程のデカバスをゲットしに行ってみるが・・・既にそこには別のアングラーが入っていて、間もなく釣行限界時間を迎えてしまいました(涙)

|

« 6月21日 釣行車 | トップページ | 6月25日 寝坊    »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91066/15510568

この記事へのトラックバック一覧です: 6月21日 生還 :

« 6月21日 釣行車 | トップページ | 6月25日 寝坊    »